転職先の選び方

転職先の選び方選び方

転職先を選ぶということには、いくつかのポイントがあります。

やりたいことや目指したいことが具体的にある場合は、当然そこを目指します。

問題はまだ見つけられていない場合です。

 

転職先の選び方

転職先の選び方を難しく感じてしまうのは、やはり失敗したくない気持ちがあるからです。その気持ちに自分自身がやりたいことを見つけられていないことが合体すると、どの方向に進んでいけばいいのかを悩んでしまうようになってしまいます。

 

問題は具体的な方向性が見つけられていないときには、どうすればいいのかです。

ヒントは、よく言われることでもありますが、自分の強みを活かせることを基準とすることです。この自分の強みに、自分自身が納得できるまでには、かなりの時間を要することもあります。(若い頃には自己分析で自分の強みがわかってもピンとこないこともあります)

筆者の例では、自分の強みを自分が納得でき、自分にはこういうことがあっているのかも知れないと気づくまでに40歳を超えてしまいました。

そして、50歳を超える頃には、40歳の時の気づきは、ちょっと違うかも知れないと感じたことも覚えています。つまり、強みは変化する可能性があるのです。厄介なのは、強みは自分が好きなことや得意なことではない場合があることです。

他の人と比べると、自分ではそれほど大変だと感じずに、できていることに、自分の強みがあります。自己分析の本を読んで、自分の強みポイントを探してみると良いです。自分の考えでは「それほど」と思っているが、強みポイントして現れることが普通に起きます。

 

具体的な転職先選び

事務職が希望の人は、すでに気づいていると思いますが、事務職への転職は難しい時代になりました。ネット環境の進化とAI化などによって、会社の事業と働き方が変わってきているからです。

新しい仕事が生まれ、古い仕事は無くなっています。事務職も消える仕事の一つです。経理事務の仕事は、安いコストで外注されるか、AI化されたアプリで、出来るようになりました。

専任の人を雇用して任せる仕事ではなくなりました。

事務職の転職が難しい時代になりました

 

公務員という安定的な仕事についたが、仕事へのやりがい不足などから、民間企業へ転職するケースもあります。

公務員から転職後悔!難しいのは仕事のスキルと給料

 

中小企業では将来不安や何かの不満があり、大手企業への転職のチャンスを掴む人もいます。しかし、その後大手を辞めるという人も少なくはありません。中小企業やベンチャーにはあるが、公務員や大手企業にはないものもあるからです。

大手企業へ転職。大変だが40代でも転職可・成功のポイント

 

また日本企業の曖昧な評価基準などが嫌になり、外資系企業へ転職する人もいます。

外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。

 

転職によって、願いが叶う人もいますし、得たものの引き換えに無くしたものに気づいて、出戻り転職をする人もいます。

不満や不安だったことが転職の理由だったのに、不満や不安がある代わりに、得ていた喜びに気づく場合もあります。残念ながら、全ての点で満足できる働く環境というものは存在しないのかも知れません。

しかし、足りないと感じることが、仕事を頑張る原動力になっているのも事実なのです。

転職を成功させる

転職先の選び方のまとめ

前職を退職した理由はなんだっただろう。 いくつかの不安と不満があったのだと思います。 それを改善したくて、退職したのだと思います。 では、今度の新しい転職先の選び方を考えるときに、何に重点を置いて選んだら良いのか、...
2022.03.23
転職を成功させる

転職を業種職種から考えると合う企業が見つかるかも

転職先を選ぶ際に、業種職種ごとに考えるまとめ記事です。業種・職種によって、転職を考えるポイントや期待できることなどに違いがあります。同業他社で転職するか、異業種・異職種へ転職するのかで、ポイントが違います。
2022.03.23
転職を成功させる

公務員から転職後悔!難しいのは仕事のスキルと給料

公務員として働いていた人が、民間企業への転職を検討するケースがあります。 実際は多くないものの、それでも公務員よりそちらの方がいいと思いがち。 でも、民間企業への転職で後悔する人もおり、どんな事で後悔するものなのか。 ...
2022.03.23
タイトルとURLをコピーしました