転職理由|転職理由が明確で強いほど転職はうまくいきます

転職理由|転職理由が明確で強いほど転職はうまくいきます転職理由

人は本当の気持ちについて、あまり口にしないものですが、自分の心の中では、「明確に、強く」持っておく必要があります。

転職がうまく行くかどうかに大きく関係するからです。

 

転職理由|転職理由が明確で強いほど転職はうまくいきます

転職理由をアンケートにとると、大昔から現在に至るまで、大きな変化はありません。大きく分けると3つあります。

給料と評価について、人間関係について、労働環境について、です。実は、アンケートの結果に出るということは、どこの会社にもこれらの問題はあるということです。

自分がそれを感じるかどうかの違いでしかないのかもしれないのです。

ですから、転職理由を明確にして、改善していこうという思いがないと、同じような状況が繰り返してしまう可能性があるのです。

仕事を辞める理由は一身上の都合!本当に辞めるべきか?

 

転職の理由、つまり退職の理由は、上記のもの以外にも転勤辞令がきっかけになることもありますし、営業の仕事であれば成績低迷が理由かもしれません。人間関係に至っては、選べませんし、予測もつきませんので、繰り返す可能性があります。

転職するか決断できない|会社が変わっても解決しないこともある

もしかすると自分の努力で改善できる物事もありますが、自分の立場では改善できないこともあります。

転職のきっかけは?転職理由となる参考事例

面接の時には、必ず転職理由を聞かれるでしょう。もしも人間関係が理由の時には、別の理由に置き換える方法もありますが、もしもその先を聞かれた場合に、辻褄が合わなくなり、自分の評価を落としてしまう可能性があります。

人間関係という本音の理由をポジティブ理由に置き換えるように準備をしておくのも良いです。人間関係が真実だとしても、企業側はあまり印象は良くないからです。

転職理由の本音は人間関係でもポジティブに言いかえる

 

ただ、おすすめしない転職理由のワードがあります。スキルアップやキャリアアップというワードには注意をして使うべきです。企業の担当としては、「この人は何かのスキルを学んだら、また転職をする」というイメージになります。

たとえ、それが現実であったとしても、採用担当としては、一緒に働く仲間として接している場面で、そう言われると、印象は良くありません。

転職理由をスキルアップと言うと面接官の印象は良くないかも

 

若い方は自分にはまだスキルも何も身に付いていないので、転職は無理だと考える人もいます。自分には自覚がなくとも一つの仕事について5年6年と経過していれば、何らかのスキルは身についているはずです。

あるいは、まだ1〜2年しか勤めていないということであれば、その仕事に関するスキルは確かに身についていない可能性があります。さらに、新卒から1〜2年であれば、もう少し今のポジションで自分の能力を高める工夫や研究をした方がいいかもしれません。

数年した時には、他の企業から欲しいと思われる人材に成長する可能性があります。

転職したいけどスキルがない|まず転職理由を明確にする

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました