営業の仕事内容について

営業 (1)仕事内容
仕事内容営業

営業という仕事に特化し、その内容について紹介しています。

今後今後、テレワーク・AI化・自動化が進む中で、営業という仕事がなくなることはありません。

ただし、今までの営業のやり方は変わっていくことと思います。

営業という仕事の内容について、様々な角度から筆者の40年の営業経験を通して紹介してまいります。

 

スポンサーリンク

営業の仕事内容について

今後、会社に所属する営業という職種は無くなるかもしれません。

ただ、営業という仕事がなくなるわけではありません。

顧客が、商品やサービスを選択する際に、全てを自己責任で選んでいくことは、困難だからです。

まして、不動産業などの専門知識を要する高額商品については、今後も営業の役割は必要になるでしょう。

しかし、会社に所属する営業という働き方は、無くなっていく可能性が高いです。

より、専門性の高い営業職の仕事として、残っていく可能性が高いです。

それがフリーランスという形態の方向へと進んでいくことが考えられます。

詳しくは本文下のリンクからご覧ください。

 

 

営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する

営業の仕事内容は変化している

現在の営業という仕事は、ほぼマーケティングの仕事と重ねてみることができます。

売り込むというよりも、いかにして顧客のマインドに触れて、買ってもらえるかの戦略を立てて実行しています。ですので、ルート営業や新規開拓営業・電話営業は、なくなるでしょう。誤解があるかもしれませんが、営業マンという人間がその仕事をすることがなくなるのです。これらの仕事は、AIや自動化・オンラインでできてしまうからです。

進化と変化は進んでいますので、数年後にはさらに形態が変わっていると思います。

営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する
営業の仕事内容は、ドンドン変化と進化をしています。何度も面談し、人間関係を構築し、成果に結びつける方法では、成り立っていきません。ネットの力やマケティング力が営業生産性を上げる必須要素になっています、

 

 

営業の仕事一日の流れ

営業の一日の仕事

一般的な営業の1日を紹介します。ただし、今後のインフラ(AIやオンライン化など)の変化によって、変わっていくことになるとは思います。

営業の仕事といえば、多くの方は、契約を上げることと思うかもしれませんが、契約は営業の仕事というよりも決まったことを確認する業務手続きの一つです。

営業の仕事で最も時間をかけることは、そこではなく、商談前の行動であり、顧客の決断を導くまでのプロセスが、営業の仕事です。ですので、日々の仕事自体はかなり地味なものです。営業に限りませんが、飽きずに続けることこそが上達する秘訣です。わかりにくいかもしれませんが、営業も一つの技能です。

営業の仕事一日の流れ
営業の仕事で契約にかかる仕事の2割程度。売れる営業マンなら残り8割の地道な業務を積み重ねること。契約が続かない人は、そこが不足してる。

 

 

営業事務の仕事内容の一日|求められるのは

営業事務の仕事

事務の仕事には、一般的な経理事務とは別に、営業事務という仕事があります。しかし、経理事務という仕事のニーズは、もはやありません。これからは、営業事務と、ホームページなどのネットの業務を中心とした技術系の事務職のみになるものと思われます。

営業事務は、直接顧客との商談で応対することは滅多にありません(企業によって違う場合もある)が、営業マンと同じベクトルで仕事をすることになります。商品内容やサービス、また会社やお店の売り上げについても関心を持って、営業のサポートをする仕事です。

営業事務の仕事内容の一日|求められるのは
営業事務という仕事について。仕事内容の1日。求められる資格・スキル。一般事務や経理事務は、今後消えていく仕事です。求められるのは、営業事務の人材です。

 

 

不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!

不動産営業で 成果を出せれば 高年収!

不動産営業の年収は、歩合制を取り入れてる会社が多いこともあり、他の業種から比べると、実際に高いとされます。不動産業に転職して、数年後に年収1000万円を超える収入になったという事例も、特に珍しいことではありません。

同じく、年収が高い仕事としては、生命保険の営業職もまた高いです。当然ながら、その分、一般職よりもハードな仕事の一つです。ただ、一般職では、転職して数年後に高収入を得られるという選択があまりありませんので、もし仕事をする上で、経済的な働きがいを求めるのでしたら、生保業や不動産業の営業職は、おすすめの業種です。

不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!
不動産営業は、「年収が高い」というイメージを持つ人は多いのでしょうか。 確かに、不動産営業の年収は、一般的な平均よりも高めです。 ただし、それなりに苦労もしますし、不動産営業はきついとも言われます。 しかし、考えてみると、...

 

 

不動産仲介営業のコツ|仕事内容と対策

不動産仲介

不動産仲介営業のコツについて紹介しています。これから不動産仲介営業の仕事を検討しようとしている方には、少なからず仕事のヒントになるはずです。

不動産仲介営業に限りませんが、顧客の心理を考えて商談を進めなければ、うまくいきません。文字にすると当たり前のことですが、理解できている人は、少数派です。顧客の心理を考えるとは、顧客のいいなりになることではありません。

何を望んでいるのか、どんな不安を持っているのか、何が決定の障害になっているのかを、顧客との会話の中から探り出して、気持ちに寄り添うことができれば、契約へと進んでいけます。

特に不動産仲介の場合、購入する方と売却する方が顧客になるという特殊性があります。売却する顧客の気持ちを察することが成功のコツです。

不動産仲介営業のコツ|仕事内容と対策
不動産仲介営業では、買主に物件を仲介し、買ってもらうことにあります。 しかし、不動産仲介営業の売り上げを事業として、安定的継続的に、売上を上げていくために重要なことは別にあります。 その重要なことは、不動産売却を考えている売主か...

 

 

不動産営業は営業代行フリーランスに向かっている

営業はフリーランス (1)

営業の仕事は、ネットで解決するものと、フリーランスへと分かれていくでしょう。専門性が低い営業については、ネット上で解決するように進んでいくでしょう。すでに保険業は、その方向で進んでいます。

もう一つは、フリーランスという企業に所属せずに、営業代行として社外で請け負うという仕事の仕方です。不動産業も保険業と同様に、オンライン化(Yahooとソニー不動産の提携)がありましたが、金額の高さと専門知識(法律・税金・ローンなど)が必要なため、うまく進んでいません。

しかし、営業社員として、企業に所属する働き方が限界に来ており、企業は社外のフリーランスに業務を依頼する方向へと変わっています。

不動産営業は営業代行フリーランスに向かっている
2020年に4月から、同一労働同一賃金が開始しています。 正社員の給料が下がる可能性もあるが、非正社員の待遇が上る可能性もある。 しかし、人件費のアップになっていけば、企業は持ちこたえられない。 そんな状況の中...

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 営業が売れるには向いてるかどうかより見た目と行動力
  2. 営業の仕事内容について *当記事
  3. 営業に向いてないのは性格が内向的だから?
  4. 営業はスーツとカバン・髪型にこだわれば売れるようになる!
  5. 営業の仕事一日の流れ
  6. 営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する
  7. 営業事務の仕事内容の一日|求められるのは
  8. 不動産営業の年収は高い!転職で年収1000万円も珍しくはない!
  9. 不動産仲介営業のコツ|仕事内容と対策
  10. 不動産仲介営業は営業代行フリーランスに向かっている
タイトルとURLをコピーしました