マーケティングの仕事は忙しい!今後更に拡大する仕事

マーケティングの 仕事は忙しい仕事
仕事

マーケティングの仕事の魅力は、データ収集から統計データ分析すること

から始まります。

 

業種によって、マーケティングの仕事の範囲に違いがあります。

しかし、製造・販売・顧客との関係性を取り持つことが、マーケティングの仕事です。

ですので、マーケティングの業務の範囲は、非常に広くなります。

 

やるべき事も、当然広範囲になり、仕事は忙しい。

 

売れてる商品がどんなものかを調査することはもちろんです。

次には、顧客のニーズがどの方向に向かうのか、仮説を立てます。

なぜ売れたのか、売れないのか、もです。

また、広告が合っているのか、

内容はターゲットに届いているのか、いないのか、などもそうです。

ビジネスの根底にあるのがマーケティングです。

ですから、業務の範囲は非常に広くなる。

 

では、これからのマーケティングの仕事が進化していく可能性について、

掘り下げてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事は忙しい!やるべき事が広範囲だが魅力的

マーケティング 仕事 忙しい

 

特に最近では、データ収集が容易になりつつあります。

そして、今の形式のようなアンケート手法は無くなります。

顧客ニーズを知ることは、マーケティングに重要な事です。

 

今後は、顧客の声を知る方法も変化します。

アンケートを書いてもらう必要はなくなります。

「アンケートを書く」ことから、「行動を観察する」に変わっていきます。

 

 

一般の会社であってもIoT(身の周りのあらゆるものがインターネット

につながって、情報を収集し分析されフィードバックされる仕組み)

機器を活用して、会社店舗に入店する顧客のタイプを自動でデータ取得

していくことができるようになってきています。

 

ですので、従来型のアンケートによる実態調査よりも更にリアルな数値

を確認することができるのです。

 

アンケートには、忖度などの雑音が混じります。

しかし、行動には、雑音がありません。

 

現在行われている手法の場合、

例えば、製品に対するアンケートを使用したマーケティング

手法であれば、顧客によっては自社に対して気分を害さないように、

なるべく配慮した内容になってしまう恐れ、本音を聞くことが

できない可能性があるのです。

 

つまり、事実ではないデータになっている可能性があるのです。

(顧客満足度などのアンケートがそうです)

 

それだけでなく、顧客によっては会社からプレゼントされる景品

を目的にあえてプラスの内容を掲載することもあります。

 

「アンケートにお答えいただいた方には、〇〇〇〇をプレゼント

します」というよく見かけるタイプのものです。

 

 

プレゼントをもらうわけですから、なかなか本音を書いてくれない

ケースがあります。

 

そのため、アンケートの内容によっては結果が偏ってしまう可能性

もあるのです。

 

これを防ぐためにも、利用者の全ての実データを回収していくことが

重要になります。

 

 

 

スポンサーリンク

マーケティング技術が拡大に比例し、仕事量は更に増えて忙しい

マーケティング 仕事 忙しい

 

IoT技術を使ったこれからのデータ収集では、例えば特定の小売店の

利用者の実態調査をしたい場合、監視カメラの映像から画像解析用の

機械学習プログラム(AI)を実装することでできます。

 

テレビドラマなどで出てくる顔認証プログラムなどもそうですね。

この技術により、利用者の年齢層や予測される年収に加え、

身につけている製品など事細かく情報を抽出することができるのです。

 

そのため、マーケティングの仕事は単に経営や起業のスペシャリスト

の集団というわけではなく、データ分析が専門家のエンジニアも

参入する余地はあります。

 

複数の業種の従業員が参入していくので、さらに様々なアイデアも

見つかる可能性が高くなります。

 

 

ですので、これからの進化は、私たちの想像を超えたレベルに

なってくるでしょう。

マーケティングがどんどん進化拡大していくということです。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事は忙しい!でも面白くなる!

 

他にも、自動販売機は市場調査には最適なツールであると言えます。

自動販売機を利用している年齢層を把握して、購入するドリンクの

種類を捕捉するだけでも、売れ残りを回避するとともに、補充の回数を

調節して人件費の削減につなげることが出来ます。

マーケティングの仕事は単に相手に売り込むのではなく、自社の損失を

軽微なものにするためにも必要になるのです。

 

特に最近では食品ロス問題が取り上げられています。

 

食品ロスの問題をマーケティングにもおり込むことができれば、

自社製品のPRにつながるだけでなく、大量生産ではなく、

きちんとした製品を提供することができる点を訴えることが出来ます。

 

こうすることで自社製品のブランド化の推進だけでなく、

低コストで生産することが可能になるのです。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事の進化で会社も変わる

 

収集したデータの解析によって、顧客のニーズと自社の強み

の比較も可能になります。

 

例えば、自社が良かれと思って推進していた商品が極端に

売れ残ってしまう現象が起きたとします。

 

この売れ残りという問題を検知するためには、何よりも自社に

対するニーズの把握が重要になります。

特に自社のニーズを把握しない状態で、自己満足の製品を展開

しているようでは売上の低下につながるだけでなく、損失の拡大に

もなってしまうのです。

 

 

これを避けるためには、何よりも自社製品に対するニーズの把握が

重要です。

 

これは単に売上の報告書を確認するだけでなく、店内の顧客の

動きを確認することが重要です。

 

なぜなら購入した人の意見だけでなく、購入しなかった人の

意見も重要になるからです。

購入しなかった人の意見こそ、商品開発や広告に重要になる

だけでなく、製品の提供の改善にもつながります。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上の点から、マーケティングの仕事の魅力は、ひたすら過去

の製品の改善にあります。

これからのマーケティングでは、顧客がこれまで口にしなかった

「本音」を知ることができるようになります。

 

 

購入者からの満足度アンケートではなく、買わない人の潜在的な声を

もデータ収集できる可能性があります。

今までは、わからなかった顧客からの情報を得ることができるようになり、

データ分析をすることができるようになるでしょう。

 

そして、メーカーは、次の製品の開発に活かし、顧客にピタリと合った

適切な広告をしていくことが可能になってくるでしょう。

マーケティングは、このような手法により、今よりはるかに会社の売上増加や損失を減らすことに貢献できる仕事になるでしょう。

 

営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために

スポンサーリンク
スポンサーリンク
60BLOG
タイトルとURLをコピーしました