マーケティングの仕事は辛いこともあるが今後評価が高まる仕事

スポンサーリンク
マーケティングの 仕事は忙しい仕事
仕事

マーケティングで最適化された商品が作られ、販売されるようになれば、営業や販売という仕事がなくなるかもしれません。

少なくとも、製造と密接な関係にいる営業職の人は、強く影響を受けることになります。

それだけ、マーケティングという仕事が、ビジネスに与える影響は大きいものです。

 

マーケティングの仕事内容

マーケティングとは、企業と顧客との関係性において、顧客ニーズに最適化された商品やサービスを作り出し、広告展開や営業にも、ニーズに合わせた最適化された方法論を見つけ出し、運営管理することで、企業の利益の最大化に貢献するものです。

 

マーケティングでビジネスが最適化されると

最適化された商品やサービスを得ることで、顧客の満足度・企業への信頼性が高まります。

また、顧客ニーズの変化にも対応することで、過剰生産や在庫不足による損失を防止することができます。

最適化された広告展開や営業手法や販売戦略を構築し実践することで、目標達成までの機会損失などを減少させ、販売管理費を縮小させることができます。

 

ですから、ビジネスの成功を考える上で、なくてはならないのが、マーケティングです。

マーケティングを知ることで、企業は顧客のニーズに合った商品やサービスを、ちょうど良い量の生産をすることができます。

過剰生産や在庫不足が減少すれば、生産コストや人員体制も最適化されます。

世の中に、広告する手法や場面も最適化し、無駄打ちになる広告費も削減可能になり、営業体制もちょうど良い人員配置ができるようになります。

 

マーケティングの現実はまだ

ビジネス上では、夢のような話ですが、様々な分野では、すでにマーケティングによって、生産や販売を進めている企業は、どんどん増えています。

そして、マーケティングの重要性もまた、どんどん高まっています。

しかし、全体から見れば、現実はまだまだかもしれません。

部分的な応用については、数十年前から始まっていますので、今度、マーケティングによる生産や販売営業は、加速していくでしょう。

 

近未来には、マーケティングの仕事をする担当者は仕事がなくなるかも

マーケティングを行うには、調査・データ収集・分析・提案が必要になります。

これまでは、人間がマーケティングをしてきました。

足と手を動かして、調査をして、データを収集してきました。

主観に囚われない分析を行い、提案をすることができる人が、優秀なマーケッターでした。

 

しかし、近未来においては、IoTやディープラーニング、AI化によって、マーケティングの仕事が、人間の手から離れていく可能性はあります。

その結果、マーケティングの担当者の仕事は、なくなる可能性があります。

 

既に、営業電話の何割かは、AIが話しているのが現実です。

お店の防犯カメラや自動販売機にカメラが設置され、IoTで繋がっていけば、顧客の行動から、顧客ニーズも分かるようになってしまいます。

 

現在のような、結果のわかり切った顧客アンケートなどもなくなるでしょう。

カメラで収集された顧客の行動の方が、忖度もなく、正直で客観的な評価につながるからです。

そうなるのは、何年先なのかは、わかりませんが。

 

 

マーケティングの仕事は辛い!今のところは

マーケティング 仕事 忙しい

前述したように、マーケティングがカバーする範囲は非常に広いのです。

しかし、企業の中には、まだまだ古い体質が残っている会社が多いです。

気合と根性や、やってみなければ分からないとする思考が、企業にはたくさん残っています。

 

そういうった古い思考の人が、経営側や管理職にいる間は、マーケティング担当の地位や評価は、それほど高くないと考えられます。

古い思考の持ち主からすると、マーケティングは信用できず、自分の目と耳しか評価しない可能性もあります。

そのような環境の企業は、まだまだ多いですので、現在において、マーケティングの担当をしている人の仕事は辛いものと想像できます。

現状では、評価されにくいですから。

 

しかし、時代は間違いなく、AI化の方向へと進んでおり、辛い評価から抜け出すのには、大きな時間はかからないでしょう。

マーケティング担当者の中には、既に企業の中で、シンクタンク的役割を果たし、経営に近いポジションにいる担当者もいるかもしれません。

 

現在の会社が、そこまで進んでいないのだとすれば、チャンスですね。

AI化が進んで、簡単に切り捨てられない、マーケティングのスキルを身につける努力をしておくと良いです。

調査・データ収集をネットだけではなく、自分の手足と目耳を使って集めるスキルや、得られたデータを分析する能力は、過去データを検証する中で、スキルアップする努力をやめないことです。

 

 

webを使ったマーケティングが仕事の主流になっていく

マーケティング 仕事 忙しい

以前までのマーケティング担当が実践してきたのは、手足を使った調査やチラシ広告やアンケート、あるいは電話による調査でした。

しかし、今や企業の商品やサービスのターゲットエリア(顧客が住む場所)は、少し前のように、エリアに限定されるものではなくなっています。

九州で生産される商品であろうとも、北海道に住む顧客にニーズがあれば、問題なく売買が成立する時代です。

 

前述のように、顧客の行動から判断するニーズの他に、webを使ったマーケティングが、今までよりもずっと精度が高まるようになります。

マーケティングを仕事とするなら、webマーケティングのスキルも勉強が必要です。

現時点で見かけるのは、ツイッターを使ったアンケートなども、その一つです。

 

 

マーケティングの仕事の種類|評価や給料

マーケティングの仕事は、前述の通り、多岐にわたり、役割が大きくなれば、企業の経営に近くポジションになるかもしれません。

そこまでではなくとも、生産・販売・広告・営業に、関する各部署においてもマーケティングの仕事の重要性は高まっています。

 

もしも、あなたの会社やお店で、マーケティングが取り入れられていないのでしたら、チャンスですね。

マーケティングから、仮説を導き、現実のビジネスで、実証し、繰り返しているうちに、あなたの評価は嫌でも高まります。

結果がついてくれば、当然社内の評価や給料も上がっていきます。

実は、筆者は会社員時代(10年以上前)には、現場責任者の立場で、実践し、評価と年収アップを得ました。

事業規模の小さい社員数人のお店もで同じことが言えます。

マーケティングによって、商品やサービス内容が大きく変わる可能性もあります。

誤解の無いようにと思いますが、マーケティングは事実に裏打ちされた仮説を実行し検証しながら修正していくものですので、思いつきとはまるで違います。

 

マーケティングの仕事の進化で企業も変わる

 

収集したデータの解析によって、顧客のニーズと自社の強みの比較も可能になります。

例えば、自社が良かれと思って推進していた商品が極端に、売れ残ってしまう現象が起きたとします。

 

この売れ残りという問題を検知するためには、何よりも自社に対するニーズの把握が重要になります。

特に自社のニーズを把握しない状態で、自己満足の製品を展開しているようでは売上の低下につながるだけでなく、損失の拡大にもなってしまうのです。

これを避けるためには、何よりも自社製品に対するニーズの把握が重要です。

これは単に売上の報告書を確認するだけでなく、店内の顧客の動きを確認することが重要です。

 

なぜなら購入した人の意見だけでなく、購入しなかった人の意見も重要になるからです。

購入しなかった人の意見こそ、商品開発や広告に重要になるだけでなく、製品の提供の改善にもつながります。

 

まとめ

以上の点から、マーケティングの仕事の魅力は、ひたすら過去の製品の改善にあります。

これからのマーケティングでは、顧客がこれまで口にしなかった「本音」を知ることができるようになります。

 

購入者からの満足度アンケートではなく、買わない人の潜在的な声をもデータ収集できる可能性があります。

今までは、わからなかった顧客からの情報を得ることができるようになり、データ分析をすることができるようになるでしょう。

そして、メーカーは、次の製品の開発に活かし、顧客にピタリと合った適切な広告をしていくことが可能になってくるでしょう。

マーケティングは、このような手法により、今よりはるかに会社の売上増加や損失を減らすことに貢献できる仕事になるでしょう。

 

 

関連記事一覧

  1. 仕事について

  2. マーケティングがビジネスの原点
  3. 営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために
  4. マーケティングの仕事は辛いこともあるが今後評価が高まる仕事 *当記事
  5. マーケティングの仕事はきついのか?年収は?
タイトルとURLをコピーしました