テレワーク移行により、転職先の会社がホワイト企業に変わる!

テレワーク ホワイト企業に変わる転職
転職

転職するならホワイトがいい、という人が多いでしょう。

福利厚生が充実してて、残業はなく、休日もきちんと取れる。

しかし、企業のテレワークへの移行により、実はかなり改善されることになる。

企業には、管理職の中にも、従業員の中にも、会社に行くことが仕事になってしまっている人がいます。

 

ブラック企業の多くは、この会社に出社するだけのぶら下がり社員がいるために、労働時間が長くなり、休日もなくなり、育児もしにくいなどの状況が起きてしまっていたと言えます。

しかし、テレワークで仕事をして、報告をする事になっていけば、会社に出社することは仕事ではないことが明確になります。

職種によっては、成果報告が、仕事量を報告することになり、どちらかといえば、成果主義に移行していくことになります。

古い時代を生きてきて、管理職の支配主義期的な感覚で仕事をしてきた、40代50代は苦労をするでしょう。

テレワークは、働き方を大変革します。

 

スポンサーリンク

転職時のホワイト企業の見分け方は必要なくなる

まずホワイト企業とは、どんな企業なのかということです。

恐らくは、一般的に、「人事や評価精度がきちんとしてる」「休日がしっかり取れる」「給料が高い」等でしょうか。

他にも「女性が育児をしやすい」「オフィス内の環境どもあると思います。」

 

テレワーク以前には、分かりにくい部分もあったと思います。

しかし、2021年以降では労働環境のマイナス部分だったことが、テレワークによって、しなくても良いことから発生していました。

それは、中間管理職が、会社に出てくることが、仕事の一部になっていたからです。

ブラック企業がブラックと言われてきた、「長時間労働」「休日」「育児をしやすい」などのことも、変わっていくのだと思います。

 

但し、給料が高いということには、これまでよりも、仕事量や成果に対する明確な表精度に変わるはずですので、人によっては、厳しくなってしまう人も増えるでしょう。

つまり、従来型の見分け方は、意味が無くなります。

 

スポンサーリンク

ホワイト企業に転職して感じる不安

ホワイトに転職して感じる不安

ブラック企業からホワイト企業に転職して、嬉しいと思っていたはずなのに、いつしか不安を感じる日々を過ごしている人たちがいる。

何故なら、ホワイト企業では、スキルアップはしにくいし、「働きがい」や「やりがい」もなかなか、かんじることができないかも知れないからです。

 

ホワイトに転職して感じる不安の1|スキルアップしないかもしれない

結論から言えば、スキルアップする可能性はかなり低いです。

 

しかし、テレワーク下では、成果評価型になると思われますので、時間管理という観念がなくなり、無くなるでしょう。

スキルアップとは、成長することです。

つまり、以前出来なかったことが出来るようになる事です。

それは、ある程度、精神的・肉体的負荷がかかる状態がなければ、人間は成長しないという事です。

 

ホワイト企業は、基本的に、出来ることしか任せてもらえないです。

だから、上司から圧力ががかかって、きつい思いをする場面もない。

だから、ホワイトと言うのでしょう。

 

そういう環境のもとに、何年勤務しようと仕事のレベルが上がる理由はありません。

職場の異動があっても、取り組む仕事レベルが上がるわけではないので、少しの努力で新しい部署にもすぐ慣れます。

 

しかし、少しの努力を何度か繰り返しても、スキルはアップしません。

できることが少し増えた。

そんなレベルです。

それはスキルアップではなく、単に知識が増えた、ということです。

 

スキルアップって、壁に当たって、くじけそうになりながら、クリアしていく中で会得していくものです。

仕事の失敗から、学んでできるようになった時に、スキルアップします。

 

ですから、基本的に仕事が緩い環境が多いホワイト企業では、スキルアップはなかなかしないです。

一番、簡単な見分け方は、そのホワイトの職場にいる上司を、見ることです。

あなたの職場に、優秀な切れ者の上司や先輩はいますか。

ホワイト企業の職場に、そういう優秀な上司は、滅多にいません。

 

 

ホワイトに転職して感じる不安の2|働きがい・やりがいを感じない

ホワイトに転職して感じる不安

ホワイトに転職したら、働きがい・やりがいは、ないものと心得ることです。

 

働きがい・やりがいは、自分の仕事が、顧客の役に立てたことを実感したり、同僚やチームから自分の仕事を評価されたり、役立てたことを実感したり、そんな時に感じるものです。

ホワイトの職場環境では、そういう一生懸命な熱意のある仕事ぶりは、嫌われます。

下手をすると、頑張る君は、悪者扱いされる可能性もあります。

 

ホワイトの職場では、なんでも、そこそこにやることが基本です。

ですので、誰かの役立てたことを実感することはありませんし、そういう評価を受けることもありません。

何かをやり遂げたり、達成した喜びを感じるような「働きがい・やりがい」とは無縁の職場です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ホワイトには、高圧的なパワハラ上司はいないし、残業はない。

そして、休日はしっかりと取れるし、福利厚生もしっかりしている。

しかし、自分の成長を感じたり、誰かのためになれたことを感じたり、やりがいを感じるのは難しい

それは、精神的・肉体的負荷を感じるような環境にはないからです。

 

前の会社は、ブラックだったが、ブラックなりに良いところもあったのかもしれない、なんてことを感じるかもしれません。

でも、出戻りするなんて、あり得ないですよね。

ブラックから、ホワイトに転職する際には、よく考え、注意し選択することです。

転職により、以前の不満不安は解決するでしょう。

しかし別の不満と不安が生まれます。

あとは、フリーランンスになるか起業するか。

タイトルとURLをコピーしました