面接の自己PRの長さは何分がいい|1分で長所と転職への思いを

面接 自己PR転職
転職

転職面接は苦手だな、自己PRって何言えば良いのか、考えているうちに志望動機や自己紹介と混同したり、そのうち考えるのが面倒になったりしている人が多いと思う。

それは、面接官をしていると感じることです。

もし、あなたも転職面接のじこPR で何を話せばいいのか・・・と、頭を悩ませているのなら、この記事を読んで、自己PRを転職面接にいかして良い転職をして下さい。

 

この記事を読めば、転職面接では、なぜ自己PRが必要なのか、どんなことを言えば良いのかが分かります。

 

 

スポンサーリンク

面接の自己PRの長さは何分がいい|1分で長所と転職への思いを

面接 自己紹介 自己PR 同じ

転職面接の自己PRはきちんと準備しておき、1分間で話せる内容に整えておくべきです。

自己PRはとっても大事です。

だからきちんと準備し対策すると、他の応募者がやってない人が多いので、優位に立てます。

 

面接の自己PRの時間は1分が目安

面接時間は、20〜30分が平均、長くて一時間です。その時間の中で、面接官の質問に、答えていくのです。

自己PRの時間は、長すぎても印象が良くないです。目安は1分です。

自己PRの時間は、1分間で、長所と転職への思いをまとめて話せるように、練習しておくことです。

練習してみれば分かりますが、1分間という時間は、短いようで、案外長いものです。

転職面接は、面接官の立場からすると、転職希望の応募者がどんな人柄の人なのか、どんな能力をもっているのかを確認したいという場面です。

 

面接の自己PRでは、自分の長所と転職・入社への思いを伝える|例文

面接応募者の立場からすると、自己紹介や自己PRで、長所と入社への思いを面接官に具体的に伝えてる事で、印象に残ります。

何故なら、入社への思い=志望動機を、きちんと口にする人が少ないからです。

志望動機は、職種や業種ではなく、この会社に入社したいという志望動機です。

 

例文で言えば、「住宅に関心があって、住宅や不動産に関係する仕事をしたいと思っていました」では、ダメなんです。

自己PRで印象に残る人になりたいと思うのなら、例文は「ホームページで拝見したことしか分かりませんが、他の不動産会社のページと見比べて、〇〇〇の部分が、優れた会社だと思いました。同じ不動産の仕事をするのであれば、そういう優れた会社で働きたいと思いました。」というように、何故、同業他社ではなく、この会社に関心を持って、入社したいと思っているのかを伝えることです。

 

 

面接での自己PRは履歴書と違うのはOK

先に企業へ送っている履歴書に書いてある自己PRと、面接当日の自己PRが必ずしも同じである必要はありません。

さすがに、全く異なるのは問題ですが、履歴書の自己PRスペースは、小さいですし、実際のところ、応募者から送られてくる履歴書の自己PRの内容には、大きな差がないのが実態です。

ですので、面接の本番で、履歴書に書いた自己PRよりも、もっと長所や転職への思い(志望動機)について、話すことはむしろ面接官の印象はプラスになります。

話している間に質問があるかも知れません。その時の答え方一つで採用不採用が決まるといっても過言ではありません。

 

面接で自己PRをしないと入社意欲がないと思われる

面接官のタイプにもよりますし、面接の場で、自分で事前に想像していた展開とは違い、自己PRを話しそびれてしまうかも知れません。

しかし、最後には、「何か質問などありますか」と聞かれるはずです。

その時には、「最後になってしまいましたが、私の長所は、こうこうこういう部分です。御社に入社を志望したのは、他の会社さんとは違い、〇〇〇のある会社(優れた会社)だと感じたからであり、その様な会社で働きたいと願っております。」と意欲を伝えて下さい。

自己PRをしない人は、比較的多いですが、そういう方との面談の後で感じるのは、本当に入社したいと思っているのだろうかという、疑問です。

 

面接では最初に自己紹介と自己PRをすると採用に近づく|例文

特に転職面接の場合、採用枠は少数であり、他の応募者と比較された上で採用されるのです。

その前提で考えると理解しやすいと思いますが、面接では面接官の質問に答えているだけでは、合格の可能性は下がります。

 

面接官が来たら、挨拶とお礼を言う人は、時々いますが、合わせて自己紹介と自己PRもしてしまうと、合格・採用に近づくことが出来ます。

例えば、「〇〇〇と申します。本日は、面接の機会を頂きましてありがとうございます。よろしくお願いします。よろしければ、最初に1分ほど自己紹介のお時間を頂けましたら、ありがたいのですが、いかがでしょうか。」などと話せばいいのです(一つの参考です。アレンジして下さい)。

最初のこの数秒間のトークだけで、面接官は入社意欲の高い方だと思います。

そして、自己紹介に合わせて、自己PRも合わせて話せば良いのです。1分といって、5分も話すのは頂けないので、1分と少々で終わるように練習しておいて下さい。

 

面接での自己紹介と自己PRの違い

 

面接 自己紹介 自己PR 同じ

自己紹介と自己PRを間違えて覚えていると、面接官から、「自己紹介をお願いします」あるいは、「ご自身のPRポイントを教えて下さい」などと、質問されたときに、答え方が間違えてしまいます。

その様なときに、逐一面接官から指摘はされないかも知れませんが、理解していないと認識されてしまいます。

 

面接での自己紹介とは

転職面接の場合の自己紹介とは、自分の仕事のキャリアについて、何をしてきた人なのかを、事実に基づいて話すことです。新卒の場合であれば、出身地や出身校、部活などの事実について、話すことです。

どのような気持ちでしてきたなどという思いについては、不要です。

自分が何者であるかを、事実に基づいて話すことです。

 

面接での自己PR

PRするということですので、自分の良いところをアピールするということです。

転職面接の場面であれば、少し大げさに言えば、「自分には、こういう長所があり、御社のお役にたてると思います。」ということになります。

やり過ぎは禁物ですが、面接官にとっては、入社への意欲と受け取りますので、自己PRと入社への志望動機については、必ず話すべきです。

これは、合格するかしないかに、関わることです。

 

入社したいという気持ちがあるからこそ、履歴を送ってきたはずなのに、面接で会ってみると、入社したいという気持ちがまったく伝わってこないケースがあります。

残念ながら、そういう方が合格するということは、余程のことがない限り厳しいです。

 

何故自己PRは必要なのか

何故、自己PRが必要なのかについては、面接をする側の経験値がある程度無ければ、分からないことだと思いますので、あえてお伝えします。

現在のように、コロナ禍で、コロナ解雇で失業が増えている時代であれば、なおのことです。

履歴書を送る入社希望の方は、何を基準に採用か不採用かが決められているのか、理解が不足していると思います。

 

履歴書の内容は、正直なところ、ほとんどの方が同じようなことを書いています。履歴書を見ただけでは、どんな人物なのか分かるはずもありません。

前職では、そのようなキャリアを積んできたのか、なども当然分からないのです。

ですから、面接を行います。

面接の目的は、人間性を知るためです。仕事の能力については、履歴書でも分かりませんし、面接をしても分かるものではありません。

実際の仕事ぶりを見るまでは分からないと思う面接担当が多いはずです。

ですので、どのような人間性を持つ方なのかを知るために面接をするのです。

面接応募する人は、自分の長所のアピールと入社への熱意をどの位持っているのか、アピールするべきなのです。

聞かれたことに答えるだけの面接では、入社採用は、厳しいです。

 

スポンサーリンク

転職面接での自己PRについてのまとめ

自己PRは重要だし、きちんと整理して話せるようにしておけば、転職面接で有利になるということがご理解頂けましたでしょうか。

現実には、他の人(応募者)は、自己PRについて、対策を考えていない可能性があります。

ですので、何を話すのか、事前に準備をしておけば、間違い無く、他の人とは違う印象を持って貰えるはずです。

 

 

 

関連記事一覧

  1. 面接対策は当日やるべきことと前日までに準備すべきこと
  2. 面接の前日までに準備し練習しておくべきこと
  3. 面接の準備不足|行きたくない気持ちは結果に影響
  4. 面接を辞退するなら遅くても当日朝までには電話すべき!
  5. 面接の当日には注意しておくことがある
  6. 面接のマナーは受付とノックから退室まで気を抜かない!
  7. 面接には落とされるサインがある!  
  8. 面接時のスーツからマナーまでの対策は出来ているか?
  9. 転職面接時のネクタイ|色選びやネクタイピンで好印象
  10. 転職面接の時に受ける質問は|現役社長が解説
  11. 面接の逆質問しないと落ちるはウソ!
  12. 面接の髪型は前髪上げる方がイイ!清潔感+意欲的な印象
  13. 面接は見た目が9割!見た目で決まる!だからこそ外見が超重要
  14. 面接の自己PRの長さは何分がいい|1分で長所と転職への思いを *当記事
  15. 面接を失敗した実例集
  16. 面接の流れ|ノックから始まる!好印象アップのポイント
  17. 転職面接時間が15分で終わった!って短すぎない?不採用確定?
  18. 面接の結果連絡が遅いと合格しないのか
タイトルとURLをコピーしました