面接の前日までに準備し練習しておくべきこと

面接 前日 準備

面接の前日までに準備しておくべきことがいくつかあります。

面接の当日や直前に、慌てないように、前日までに用意してください。

練習をしておくべきこともあります。

できることは、諦めずに練習し準備し、対策しておきましょう。

目次

面接前日までの準備|短期間での退職理由を話す時

面接時の退職理由

転職の失敗で、前職の退職が短期間だった時には、その理由を準備しておかないといけません。

面接官は、履歴書の職歴を見ていて気づくはずです。もしも、数ヶ月で退職してしまったような職歴があるのでしたら、必ず退職理由を聞かれます。

ただし、ありのままに言っていい理由と、伏せておいた方がいい理由もあります。どちらにしても、どのように答えるのかを、きちんと準備しておいてください。気を付けた方がいいのは、退職した会社や上司に対する不平不満を感情的に話すことは、しないことです。もし、退職した会社や上司に問題があるとしても、できるだけ、冷静に、かつ論理的に話すことです。

転職面接で退職理由を話すときの例文!短期離職の面接は要注意!

退職理由の説明は、応募者の方が思っている以上に面接官は、重要に捉えています。

転職回数が多い人、過去の会社での在職期間が短い人、も同じです。面接官は応募者に会うときに、「当社に入社してもらった場合に、長く続けてもらえるのだろうか」という視点で見ています。

もちろん年齢30代40代50代と、増えていけば、「仕事の成果を出してくれるかどうか」の割合が増えていきます。

面接官は、人を見るプロですので、嘘は基本的にバレます。のその内容によっては信用を失う可能性があります。多少のごまかしはあり得るのかもしれませんが、ボロが後から出てくるとか、話の辻褄が合わないことに関して、敏感に感じ取られます。

あわせて読みたい
転職面接で退職理由を話すときの例文!短期離職の面接は要注意! 転職面接では、面接官は応募者に必ず退職理由をききます。 転職回数の多い人・在職期間の短い人は、志望動機よりも、前職の退職理由に面接官の関心が集まることに注意す...

面接での自己紹介・転職の場合のポイント

面接の中で、自己紹介をするように言われることが、よくあります。

自己紹介は、自分について話すことですが、その中で転職理由も織り交ぜて話すことです。

転職理由は、退職理由とは違い、志望動機にも通じることです。なぜ、現状から次のステップへ出て行こうとしているのか、なぜ御社を選んだのかを、話すのです。

なるべく、前向きな理由の方が印象が良いですが、あまりに作り上げた話だと、面接官にバレてしまいます。面接官は、何度も面接をしているプロです。頭の中で、話を組み立てるだけではなく、紙に書いてみるといいです。

あわせて読みたい
面接の自己紹介・過去の転職あれば答える準備もしておく 面接の場で話すべき自己紹介と自己PRについては、事前に練習しておくのが良いです。 また、自己紹介と自己PRが同じになってしまう人がいますが、実際には意味が違います...

面接の自己PRの長さは何分がいい|1分で長所と転職への思いを

自己PRは、自己紹介の中で話す場合もありますし、逆質問を尋ねられた時に、質問の代わりに、思いを伝えて良いです。自己PRとは、一歩間違うと自慢話になってしまいますので、注意してください。

自己PRでは、御社に対して、自分がどんな貢献ができる人間なのかを伝えることです。意外にも、自己PRをしない方も結構います。ですので、入社への思いがあるのでしたら、なぜ御社に入社したいのか、どんな貢献ができるのかを、織り交ぜて、熱く面接官に伝えることです。

転職の理由は、多くの方が話してくれますが、今まさに面接を受けているこの会社をなぜ選んだのか、を話す人は少ないです。この部分を深掘りして、話すだけでも、他の応募者よりも先んじることができるはずです。

面接の準備不足|行きたくない気持ちは結果に影響

面接をしていると、ぶっつけ本番のような方が多いことに、驚きます。履歴書を持って、面接官にあって、質問に答えれば、なんとかなる、と考えているような気がします。

しかし、新卒面接と違い転職面接の場合、採用される人数の枠は少ないですし、限定的です。採用人数が1〜2名の求人募集であることも珍しくありません。転職の場合、企業側に人数の不足があって募集しているので、応募者の比較は、新卒よりも厳しいです。

そういう比較の中で、いい意味で目立ち、面接官の記憶に残るには、退職理由をきちんと話せるように準備すること、自己紹介では自分が素直な人間であり多少の苦労には頑張れる人間であることを伝えられる準備、自己PRではなぜ御社に入社したいのかという熱い思いなどを伝えられる準備をしておく必要があります。

面倒臭いと思えば、それまでのことです。その感情は面接官に見抜かれて、採用への道は厳しいでしょう。逆に、面倒なことを、一通り、準備してある人のことは、面接官の記憶に、良い印象として残ります。

あわせて読みたい
面接の準備不足|行きたくない気持ちは結果に影響 準備不足のまま、面接にくる応募者が多くて驚きます。 転職サイトを見始めたり、履歴書を送ったりのあとは、次はいつ面接に来て下さい、といわれるのか分からないのです...

面接での志望動機は長さ何分で話すのがいいか

面接官によっては、志望動機を最も重視する方もいるほど、重要です。

そして、応募者に時々見られる共通した間違いがありますので、ぜひ覚えておいた方がいいです。

履歴書の志望動機に、なぜこの会社に入社希望しているのかという志望動機ではなく、職種や業種に興味関心を持っていると書いている人がいます。

面接で再度志望動機を確認します。「なぜ他社ではなく、当社への入社を希望しているのですか」と。すると答えられない人がかなりいます。これがきちんと答えられると採用への可能性はぐんと高くなります。

あわせて読みたい
面接での志望動機は何分の長さで話すのがいいのか準備しておく 就職や転職での面接の場面。志望動機をどのように伝えるのか。 一応、履歴書にも書いているし、同じ内容でいいのか、長さは何分くらいがいいのか、考え始めると悩ましい...

関連記事

  1. 面接対策は前日までに準備すべきこと・当日やるべきこと
  2. 面接の前日までに準備し練習しておくべきこと *当記事
  3. 面接の当日には注意しておくことがある
  4. 転職面接で退職理由を話すときの例文!短期離職の面接は要注意!
  5. 面接での自己紹介・転職の場合のポイント
  6. 面接での自己PRの長さは何分がいい|1分で長所と転職への思いを
  7. 面接の準備不足|行きたくない気持ちは結果に影響
  8. 面接の志望動機は長さ何分がいい?ココで採用かどうかが決まる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次