面接には落とされるサインがある!

面接 サイン転職
転職

私は、転職面接に立ち会いもしますし、転職の採用・不採用についての最終決定をしています。

転職面接で、落ちる時の理由について解説します。

転職面接で面接官と良いコミュニケーションが取れていたはずなのに、「なぜ?」という気持ちにならない為に、伝えたい。

 

転職面接に落ちる理由は何か?

どんな可能性があるのか?

何か、途中で面接官からのフラグ・サインがなかったのか?

転職不採用になってから、後悔しないために、筆者の経験を役立てて下さい。

筆者は、会社員時代に10年、起業してから10年、面接官を担当してきました。

 

 

スポンサーリンク

面接に落ちる時には理由がある。サインに気づいていないかも。

面接 落ちるサイン

あなたは、何か、面接官の感情的な地雷でも踏んでしまったのか?

面接官の表情・言葉遣い・無言のフラグなどに、落ちる理由のサインが現れています。

出来る限り、落ちる理由のサインを見逃さずに、対処しないと、そのまま不採用になってしまいます。

 

転職面接の日のことを、一場面ずつ、自分自身に対して検証してみて下さい。

面接に落ちる理由とフラグがあったはずです。

 

面接に落ちる理由の反応があるフラグ|面接官が発してるサイン

あなたの面接の中で、次のような場面はありませんでしたか?

それは、面接に落ちるかもしれないという、面接官が発しているフラグ・サインです。

1)面接官が、じっと顔を見て、表情が固まっている時

2)質問に回答したのに、すぐに次の言葉を返してくれない時

3)履歴書・職歴書をじっと見て、言葉を発してくれない時

4)質問に回答したのに、同じような質問を繰り返された時

 

この場面の直後、あなたと面接官との間に、どのような会話がされたのか。

あなたが、面接に落ちるかもしれない理由が、面接官の心の中に見え隠れしている瞬間です。

 

面接では質問に的確に答えられましたか?無言のサインは?

転職面接の質問に答える場面で、失敗してしまうケースです。

フラグは、質問に答えたのに、微妙な無言の瞬間です。

 

面接官の質問に、的確に答えられました?

特に大きな声でなくとも良いですが、きちんと聞こえる声で、面接官に回答を伝えましたか?

もしかすると、可能性は少ないですが、きちんと聞こえていないのかもしれません。

あるいは、質問とは、ズレた回答をしてしまったのか?

あるいは、余計な一言を言ってしまったのか?

 

可能性は、色々と考えられます。

面接官の質問がよく聞こえなくて、聞き返すときに、何か失礼な話し方をしませんでしたか?

面接官の表情が、固まりませんでしたか?

 

転職の志望動機や退職理由・転職理由など、分かり易く面接官に答えましたか?

あなたの回答がわかりにくいのかもしれません。

自分にその傾向を感じているのなら、事前に回答を紙に書いてみる練習をしておけばよかったです。

 

質問への回答をしたときに、面接官は、変な表情をしませんでしたか?

まさに、まずいフラグです。

質問と回答がずれているのかもしれません。

つまり、聞かれたことに、答えられていないということです。

 

最後の可能性は、面接官の質問に対するあなたの答え方の何かがまずかった可能性があります。

「言葉遣い」「話し方」「話口調」「話してる態度」のどれか。

面接官をしている時に、時々感じた経験があります。

 

 

面接の落ちる理由の反応の前に、自己紹介は上手く進みましたか

転職応募した会社を選んだ理由などを、具体的に示す場面です。

 

あなたが自己紹介しているとき、面接官は、あなたの顔を見て聞いていましたか?

書類ばかり見ていましたか?

書類ばかりを見ていたと言うのは、一つのフラグです。
履歴書・職歴書の中に、何かよくないことを発見された可能性があります。

 

自己紹介の時間は、長すぎませんでしたか?

逆に、短すぎませんでしたか?

あなたの話の途中に、面接官が割り込んできた、というフラグ。
あなたの話し方が整理されておらず、わかりにくい可能性があります。
話の内容が論理的ではなく、感情的・感覚的である可能性があります。

 

自己紹介の中には、何故この会社に転職入社したいと考えているのか、について、具体的に理由を話しましたか?

面接官は納得した顔をしてましたか?
ここにもサインがある可能性があります。

 

 

面接に落ちる理由|当日の服装はどうですか

スーツやネクタイ・ワイシャツは、高級品で揃える必要はありません。

身ぎれいにして、清潔感を伝えることが、あなたの好感度を高めてくれます。

転職面接の場面で、服装や持ち物についての話題が、ありましたか?

もし、そういう話題が出るようだと、服装に落ちるフラグがあるということになります。

男性なら、以下のチェックはしてありますか?

・スーツのシワはないですか?

・ワイシャツのシワはどうですか?

・ネクタイは、明るい色合いを選びましたか?

・靴はピカピカしていますが?

・カバンは、床の上に自立していますか?

・ハンカチは、アイロンはかかっていますか?

・名刺入れは、こぎれいにしていますか?

・すり減ったカバンや穴のあいた靴下ではないでいですか?

女性なら

・自然なナチュラルのメイクになっていますか?

・スーツやシャツ・ブラウスに、シワはありませんか?

・派手な化粧になっていませんか?

・ネイルついたままになってや、いませんか?

・香水などはマイナスイメージですよ?

服装だけではなく、カバンや靴も含めて、だらしない印象や不潔感が伝わってしまうと、十分面接に落ちる理由になります。

素晴らしい職歴や、質問への受け答えがきちんとしている、ことと同じレベルかそれ以上に、見た目の印象は面接結果に影響します。

スーツやシャツがヨレヨレだと、これまでのキャリアがすごい内容でも、嘘に聞こえてしまいます。

それだけで、面接に落ちる理由になります。

 

 

面接に落ちる理由|転職面接受けるとき・退室するときのマナーは大丈夫でしたか

この場面には、転職応募者の人柄が良く出ます。

 

転職面接が始まるときに、

「改めまして、〇〇です。本日はお忙しい所、大変ありがとうございます。よろしくお願いします」

と自分から挨拶しましたか?

 

もし、挨拶をしていないのなら、これも落ちる理由になります。

面接官から、「座って」という前にという前に、座りませんでしたか?

マナーを知らないことにも、面接に落ちる理由があります。

 

以下の3点にも、面接に落ちる理由が隠れています。

  • 会社のドアの前で、きちんとコートを脱ぎましたか?
    • 席に通されてから脱いでしまった
  • 相手の会話の途中で、口挟み込んだり、割り込んだりしませんでしたか?
    • 面接官の話の腰を折ってしまった
  • 退室するときに、きちんと挨拶をしましたか?
    • きちんとはしていなかった気がする

 

 

面接に落ちる理由|逆質問のチャンスはありましたか?

面接官から、逆質問のチャンスをもらえましたか?

逆質問は、具体的に何か質問をしましたか?

逆質問したのは、どんなことですか、給料のこと?

休みのこと?

 

もし採用になったら、自分がやるべきことは、なんですかなどと仕事の質問をしましたか?

逆質問は、転職サイト等のアドバイスには、様々なことが書かれているかもしれません。

しかし、面接をしていた側の経験から言えば、逆質問は1つか2つは用意しておいた方が良いでしょう。

「聞きたいことが聞けたので、特に質問はありません」と言う応募者もいます。

しかし、全く質問がないと、面接官の気持ちとしては、「入社の意欲があまりないのかもしれない」と感じてしまいます。

 

また、逆に質問が多かったり、同じ内容の質問を深く掘り下げて行ったりしますと、正直なところあまり良い印象が残りません。

それが、給料のことであったり、労働条件のことであったりすると、なおさら印象悪く感じます。

給料も労働条件(休日や残業など)も、当然重要な要素だと思います。

 

しかし面接を受けている場面では、これから仕事をすることに向かおうとしている段階です。

その場面で、仕事の内容よりも、条件面についてのみの質問になると、真面目に働いてくれそうな社員という印象はなくなります。

 

給料や条件についての質問をするのであれば、1回の質問だけにすべきです。

 

 

スポンサーリンク

面接で落ちるフラグ・サインを見逃してないか?繰り返しているのでは?

面接 落ちる サイン

 

転職面接に落ちる理由は、自分では気にしていなかった「話し方」や「立ちふるまい」が、面接官の心を害した可能性が高いです。

 

面接で落ちるサインはあったはず。自分の話し方・立ち振る舞いのあとの面接官の反応にある

質問に答えた時、逆質問をした時、面接官の反応に「何か異変=フラグ」があったはずです。

今の転職面接では、話してくれる内容だけではなく、応募者の「表情や話し方」、「その立ち振るまい」に注目して、面接をしています。

反対に言いますと、応募する人は、話し方や立ち振る舞いの違いが理由で、落ちるということです。

 

話し方や立ち振る舞いが、違うのは、簡単に言えば、「人柄」ということになると思います。

人柄が、話し方や立ち振る舞いに現れるからです。

そのことが、落ちるかどうかの理由につながるのです。

 

 

面接で落ちるかどうか理由の境目

ですので、転職面接の場で、落ちるか落ちないか、の境目にあるのは、その方の「人間性」「人柄」の差だと思います。

それは、質問に答える様子や何気ない瞬間の返事の仕方・話し方に現れています。

転職面接に、なぜ落ちるのだろうと、考えている人がいたら、自分自身のそういう姿を振り返り、面接の練習をたくさんしてください。

 

 

スポンサーリンク

面接で落ちるのはなぜか?その確率を小さくするには、「素直で真面目な人柄」アピールが良い

面接 落ちる サイン

 

人柄をあらわす言葉で「素直」であるという性質は、どんな種類の仕事にも共通する転職者に必要で重要な要素です。

転職面接で、落ちる理由を小さくするには、人柄アピールをした方がいいのですが、それはどういう部分か。

それは、「ある程度の謙虚さと素直な性格」です。

謙虚で素直な人だと、面接官が感じれば、面接に落ちる理由があったとしても、落ちる可能性は、大いに減るはずです。

 

面接で落ちるサインから、自分を見直す

面接に落ちるサインに気づいたら、自分を見直して、次回の面接までに、主に「人柄」に関することを修正することです。

素直で謙虚の逆の性格を言えば、自信過剰で、人の意見に左右されない、抵抗する人です。

一見すると、自分に自信を持っているのは、いいことではないか、と思う人がいると思います。

営業マンの商談場面などでは確かにそうです。

 

謙虚で素直な人は、面接で落ちる理由がない→落ちる確率が下がる

転職面接の場面は、これから新しい職場に入るために、質問を受けたり試されたりしているわけです。

その場面では、謙虚であり、素直な姿勢を、面接官に表現する方が得です。

そういう人は、落ちる確率は大きく減少します。

 

新しい仕事と職場で、ゼロからのスタートでなければならないはずなのです。

自分に余計な自信を強く持っている人は、上司や先輩のアドバイスをほとんど聞きません。

表面的には、聞いていますが、そのように実行しません。

素直に、受け入れることができないのです。

このタイプの人が、成功するのには、ものすごく時間がかかります。

 

スポンサーリンク

面接で落ちる理由がわからないなら

面接 落ちる サイン

 

前述の面接官が発するフラグのリストや、服装やマナーについて考えてみても、自分では落ちる理由がわからないという人もいるかもしれません。

その場合は、このまま転職面接を受け続けても、落ちる可能性があります。

第3者の力を借りて、意識して、練習して、直すしかありません。

面接練習をして直さないと、落ちる可能性は、高止まりしたまま、続きます。

 

面接で落ちる理由がわからない時は、転職エージェントで面接練習

多分自分の意識だけでは治りません。

転職面接の練習をするのが一番です。

転職面接の練習相手は、親兄弟や知人友人ではダメです。

できるだけ、他人の方がいいです。

身近な人は、あなたの人柄を既に知っていて、多少のことは、見逃してしまいます。

 

しかし、面接では、多少のことの積み重ねが、落ちる理由になることがよくあります。

ですので、転職エージェントのように、他人の目線で、練習相手になってもらうのが、おすすめです。

登録をすれば、面接の練習もしてくれます。

他人と面接練習して、厳しく言われないと、悪い癖は、自分の意思だけでは治りません。

これ以上、転職面接で、落ちる経験は嫌だと思うのなら、登録して練習して下さい。

転職エージェントは、面接の練習相手にもなってくれます。

 

スポンサーリンク

まとめ

もしも転職面接で良い感じだったのに・・・

ほめてくれて評価もしてくれたのに・・・

それなのに、面接に落ちる場合があります。

うっかり、何かしてしまったのか、発言してしまったのでは、ないですか?

それが、面接に落ちる理由も知れません。

面接官の表情や言葉、無言のフラグなどに、面接に落ちる理由やサインがあったと思われます。

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました