面接用のスーツがない場合に採用を諦める気がないなら急いで準備

面接 スーツがない場合転職面接
転職面接面接時の服装

急に面接が決まることはあるかもしれません。

しかし、履歴書を送付する段階で、面接のためのスーツは用意しておくべきです。転職サイト系の情報には、「最低でも、ジャケットとスラックス」と書かれているものを見かけますが、面接官の立場からいいますと、「採用の可能性はかなり低い」と思います。

 

スポンサーリンク

面接用のスーツがない場合に採用を諦める気がないなら急いで準備

面接 スーツがない場合 (1)

面接にはスーツが基本中の基本です。

いろいろな事情があるとは思います。しかし、採用されて働く気があるのなら、それを示すのがスーツです。面接にはスーツがマナーという方もいます。

しかし、採用する側、経営者側からしますと、面接にスーツを着て向かうことは、「私は今日からでも働く気持ちがあります」を示している姿として、見ている部分があります。マナーというよりも、真摯な気持ちがスーツの方が伝わりやすいということです。

 

面接のスーツがない場合にスーツ以外でも良い場合

スーツ以外でも良い場合もあります。

働く場面で、スーツを着ることがほとんどあり得ないという企業に、面接に行く場合です。その場合は、面接の連絡をもらった時に、面接時の服装について、事前に質問をしておくことです。

採用されたのちに、スーツを着用して働く姿がイメージされる仕事の場合、男性女性に関係なく、面接にはスーツを着ていくのが、常識です。

もしかすると、「それでは明日から出社してください。」と言われる可能性だってあるのです。

スーツを着慣れていない方にとっては、スーツはある意味特別な服装と感じるかもしれませんが、普段からスーツを着て働いている人たちにとっては、作業着も同然です。

それを持たないということは、働く気持ちの準備ができていない人という見方をされます。

 

面接時の服装の指定がない場合

服装の指定が書かれていないと、私服でもいいのだろうか、と思われる方もいるようですが、実際には、逆なのです。スーツが基本なので、服装について改めて記載がないのです。

しかし、前述の通り、明らかにスーツを着て働く仕事ではないことがわかっている場合は、事前に尋ねてみてください。

 

面接時の服装の指定が私服の場合

「私服」「私服可」と記載がある場合は、スーツでなくとも、良いです。ジャケットとスラックスで良いでしょう。

一般的には、技術系の仕事の場合には、その可能性があります。コンピュータのSE系の仕事の場合なども、オフィス勤務であっても、社外の人に会うことがないので、私服OKの可能性があります。むしろ企業によっては指定が私服とある場合があります。

アパレルの販売系の仕事の場合には、スーツではなく、私服で面接に来てもらうことで私服のセンスも含めて、面接されます。

一般的に、営業系やオフィス勤務の仕事の場合、面接時の服装はスーツ以外にはあり得ません。

 

面接時にスーツがない場合でもスーツじゃないとダメなのか

面接 スーツがない場合 (2)

繰り返しですが、もし採用されて働く姿が、明らかにスーツであるなら、面接時もスーツでなければ採用されない可能性があります。見た目で判断される可能性は非常に大きいです。

この準備をしておかないと、面接は、マイナスからのスタートになります。

また、リクルートスーツはNGとする情報もありますが、私服のジャケットとスラックスよりは、はるかに好印象です。

 

スーツを準備するには、一番安い製品だと、大型スーパーや洋服の量販店で、約1万円で購入することが可能です。サイズなどの直しが必要なければ(ズボンの丈だけなら)、少し待てばその日のうちに、持ち帰ることができます。

高いスーツを着用すれば、面接に合格するわけではありません。同様に、安い価格のスーツだからといって、採用されないこともありません。

服装についての基準は、「清潔感のある身だしなみ」です。髪型も、ワイシャツやネクタイも、カバンも、名刺入れも、基準は同じです。「清潔感」です。

スーツ以外の服装の場合、個人の好みの特性が強くなり、清潔感などは、わかりにくいものです。

 

面接時のスーツがない場合 男性も女性も見た目8〜9割で判断される

面接では何を評価されて採用不採用が決まると思いますか。

面接側は、確かに質問に対しての回答の内容についても、注意はします。しかし、最も気になるのは、外見から伝わる印象と話し方です。

内容よりも、外側なのです。なぜなら、内面が外側に現れていると見るからです。面接側が期待する内面とは、「真面目に素直に働いてくれる清潔感のある人材」であることです。

履歴書と職歴書、そして面接の短い時間の中で、応募者の内面を知ることは、とても難しいことです。ですから、服装や髪型、そして話し方に、とても注意します。

 

面接時の服装はスーツでも私服でもいいと言われたら

あまり、ないケースだと思いますが、服装についての質問をしたときの回答が、「どちらでも結構です」と言われた場合は、スーツにしましょう。

応募する人は、自分自身の姿にしか注意されていないと思いますが、面接官側からしますと、応募者数人のうちの一人として、比較されます。

前述の通り、面接時には「清潔感」が重要です。そして、比較されたのちに、選ばれることを想定してみてください。短い時間の中で、数少ない比較要素で、採用か不採用かが決まるのです。

スーツを準備して面接に行く方が、損をしません。

 

まとめ

面接時のスーツがない場合の対応について、ジャケットとスラックスでも大丈夫とする情報を見かけることがありますが、実際に採用している側からしますと、それは間違いです。

もし、その求人情報に対して、応募している人が一人しかいない状況でもない限り、スーツを着ないで面接に向かうのは、ほぼ不採用になります。

人は、その人に関する情報がない場合に、見た目で判断されるからです。面接合格を目指しているのなら、リクルートスーツでも、低価格のスーツでも、私服より遥かに印象が良くなります。

 

 

 

関連記事

  1. 面接対策は前日までに準備すべきこと・当日やるべきこと
  2. 面接の当日には注意しておくことがある
  3. 面接は見た目が9割!見た目で決まる!だからこそ外見が超重要
  4. 面接の髪型は前髪上げる方がイイ!清潔感+意欲的な印象 
  5. 転職活動でスーツはグレーが有利なのか?女性の場合は?
  6. 面接時のスーツからマナーまでの対策は出来ているか?
  7. 面接用のスーツがない場合に採用を諦める気がないなら急いで準備*当記事
  8. 転職面接時のネクタイ|色選びやネクタイピンで好印象
タイトルとURLをコピーしました