転職後の年収の不安と不満

転職 年収 アップ転職を成功させる
転職を成功させる
スポンサーリンク

当記事は転職後の年収が上がるのか、下がるのかについての当サイトの記事をまとめています。

転職後の年収は上がる人も下がる人もいます。ただし、年齢とともに大きく変化します。

年齢が上がっていくと、年収が下がる人の割合は年代とともに10%程度ずつ増えていき、上がる人は減少していきます。30代では、約30%の人が転職後の年収は減少しています。

下がり幅も大きい人だと30%〜40%というケースもあります。

スポンサーリンク

転職で年収交渉は可能なのか?相場はあるか?方法は?決裂の覚悟

転職 年収交渉 相場

転職の年収交渉は可能です。もちろん、リスクはあります。

ただし、タイミングが悪ければ、内定取り消しになる可能性があります。

正直なところ、年収交渉は、本人が直接行うのは、リスクがあります。

おすすめするのは、転職エージェントの力を借りることです。

転職サイトは、気楽に使う人が多いと思いますが、エージェントを使う人は、少ないように思います。積極的に利用されると良いと思います。

スポンサーリンク

宅建士の年収1000万は実績次第|女性でも中卒高卒でも!

不動産営業の年収は、高めです。宅建士の資格を持っていると、顧客の信頼も得られやすく、営業実績次第では年収1000万円も夢ではありません。

会社員で年収1000万円と言えば、大手企業の課長クラスの役職でなければ、なかなか到達できません。まして、転職後の年収であれば、なおのこと、なかなか到達できる年収額ではありません。

しかも、大卒などの学歴も関係なく、男女の性別も関係がありません。営業としての業績を上げることができれば、可能なのです。確かに、税金やローン、法律などの専門知識を勉強する必要はあります。実力次第と言ってしまえば、それまでですが、転職の年収を考えますと、魅力ある職業です。

スポンサーリンク

転職すれば年収は下がる30代40代!やりがいあれば後悔しない?

20代では楽だった転職が、30代後半・40代・50代と、だんだんと厳しくなっていきます。その状況に合わせて、転職後の年収が上がることも少なくなっていきます。

このことは、ハローワークの求人情報を見れば、明らかです。東京ハローワークの求人情報(職種別賃金状況)では、大学初任給を下回る給料基準で、募集されています。賃金の上限と下限は、通常は下限の賃金が適用されます。上限は、複数の条件(キャリア・実績・資格など)が上限と思われた場合に適用される場合もあります。

転職後の年収が下がらず、むしろアップするケースがあるのは、同業他社への転職の場合です。ただ、その場合、引き換えに転職後に早めに実績を出すことが条件になります。転職後の年収が下がるとしても、やりがいや働きがいを感じられると、納得できるケースもあります。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. 転職を成功させる
  2. 転職の成功と不安
  3. 転職の時期のまとめ|何月がベスト?求人が多いのは?
  4. 転職後の年収の不安と不満*当記事
  5. 転職失敗で人生終わり?チャンスは何度もある!気づいたら行動せよ
  6. 宅建士の年収1000万は実績次第|女性でも中卒高卒でも!
  7. 転職で年収交渉は可能なのか?相場はあるか?方法は?決裂の覚悟
  8. 転職で年収は下がる30代40代!許容範囲はどれくらい?
タイトルとURLをコピーしました