転職の成功のために後悔しないようやるべきことをやっておこう

転職の成功のために後悔しないようやるべきことをやっておこう転職を成功させる

転職がうまく行く人もいるし、残念ながら失敗する人もいます。

転職を成功させたい気持ちは同じでも、準備や対策をしていたかどうかで、転職活動や転職後の仕事の状況には違いが生まれます。

またやりたい事がなんであれ、世の中の仕事には、自分が得意とすることではなくても、社会や会社に貢献する事ができて、評価されることがあります。そしてそれは、転職が成功することです。

やりたい事ができていても、誰かに貢献できておらず、評価されないことは、仕事にはなりません。

 

転職の成功のために後悔しないようやるべきことをやっておこう

転職のために最初にするのは、転職情報から仕事を見つけ、履歴書を書くことです。実は履歴書の書き方で有利になるポイントと不利になるポイントがあります。あまり気にしないで、定型のフォームに文字を埋めている人が多いです。

 

履歴書の書き方|熱意を伝え評価されやすいように書く

採用担当は学歴で採用しようと思っていません。人柄を重視しています。面接でも人柄は伝わりますが時間が短いです。ですから、履歴書で、入社への熱意を伝える志望動機が大事なのです。

定型の雛形に文字を埋めるだけでは、伝わらないです。転職なら、職歴書と合わせて、志望動機は別紙で1枚書く方がいいです。

履歴書の書き方で有利になるポイントと不利になるポイントは
履歴書は自分という人物のプレゼン資料と心得るべき・履歴書の書き方のポイント・志望動機の書き方・志望動機「ない」はNG・面接官に好印象を持たれやすい資格の書き方・書くべき適正な資格がない場合は書かなくても良い

 

転職先は何を基準にして選ぶ

転職先を選ぶことは、なかなか大変な作業です。何を基準にして選べば良いのかを体験的に知っている人はいないからです。

分かっているのは、数か月か数年後に振り返った時に、あの時の選択は結果的に良かったと思うくらいのことなのです。転職直後に、失敗したかな、という事が後に失敗ではなかったことに気づくこともあります。

おすすめする選び方は、自分の強みを活かせることで、選ぶことです。ただ、強みとは厄介なもので、自分が好きなこと・得意なことではない場合が多いです。感覚的には「多少そういうところはあるかも」という感じのことが、強みの場合があります。

もちろん、その先には、誰かが喜んでくれることでなければ、仕事になりません。ユーザーの顔が見えない仕事の場合は、職場の誰かということになります。つまり、誰かのためになっていることが仕事になるということです。

転職先の選び方
転職を業種職種から考えると合う企業が見つかる・転職先の選び方・事務職の転職が難しい・公務員からの転職・大手企業への転職・外資系企業への転職

 

転職後の年収

転職後の年収については、一般的には上がって欲しいと思うものだと思いますが、現実は必ずしもそうではありません。

さらに、年齢が40代50代の転職となると、転職後の年収は下がる前提で、考えた方がいいです。20代30代の場合では、上がる人の方がの割合が多いですが、下がる人も実際に少なくない割合で存在します。

原因は日本経済の根本的な問題にありますので、全体が改善することは、非常に難しいものです。個人的努力では、自分のスキルを上げて同業他社へ転職することです。

転職後の年収は年齢とともに下がる人の割合が増える
転職後の年収は上がる人もいる・下がる人の割合は年齢とともに増加・40代以降は40%以上の人が下がる・年収交渉の方法・高収入の求人もある・宅建士は実績次第で1000万の年収・年収アップと労働環境の両立は厳しい

 

転職の最適な年齢

当然ながら、年齢が40代50代になると、転職そのものが難しくなります。そして、転職ができても、相当に覚悟をして転職をしなければ、成功は難しいです。

給料の面でもそうですが、仕事については、周りの人(基本的に自分よりかなり若い)が教えてくれることは期待しない方がいいです。自分主導で調べて勉強し、結果を周りに確認するというやり方以外には成功しないです。

また、若すぎる転職は、転職回数に注意することです。もし20代のうちに2回目3回目の転職をしているとどんどん採用されなくなります。20代のうちに1〜2年ごとに転職していたのでは、なんのキャリアも身についていないからです。

転職の最適な年齢は、少なくとも5〜6年のキャリアを持ってからの時期です。つまり、20代後半から30代前半までです。

年齢によって転職は厳しく|若すぎ早すぎの転職にはメリットがない
転職の年齢で失敗しやすい成功しやすいということはあるのか・30代女性の転職・20代で転職は早過ぎないか・2年目の転職は早過ぎないのか、第二新卒の転職

 

転職の時期は何月

転職の最適な年齢は、前述した通り、20代後半〜30代前半です。この年代の転職だと、企業側から見て、一定以上の社会人経験と仕事へのキャリアを持っていると感じてもらえます。ただし、20代後半でも既に3回目4回目となると、真逆の評価になります。

1年の中で転職情報は、毎年3月9月に増加します。裏返すと退職者が多い時期とも言えます。

せっかくだからボーナスをもらって辞めるという人もいるようですが、円満退職が難しくなる原因となり、転職してからも面倒を抱える可能性がありますので、ボーナスをもらうことは考えない方がいいです。

転職の時期について
転職をするタイミング・最適なのは5〜6年目・入社時期が3ヶ月先希望だと不利・ボーナス時期を外して転職をすべき・在職中の転職活動には注意が必要・転職の求人情報は3月9月に多い

 

転職理由が明確になっているか

転職すること自体は、比較的簡単なことです。しかし、転職を成功させられるかどうか、後に良い転職だったと思えるのかは、簡単ではありません。

転職活動自体に苦労する方もいますし、転職入社後に苦労する人もいます。どちらも、想定外のことが起きてそうなるのです。行動を開始開始する前には、分からなかった事、気づけなかったことが起きるのです。

それを乗り越えるのは、転職に対する明確な理由です。強い理由があるので、乗り越えられるのです。

転職理由|転職理由が明確で強いほど転職はうまくいきます
仕事を辞める理由は一身上の都合・転職すべきなのかの決断・転職したいがスキルがない・転職のきっかけ・人間関係の理由はどこの会社にもある問題・ポジティブに置き換えて話すべき

 

転職の失敗を重ねないために

転職の失敗はしたくないものですが、何にしても一度も失敗なく人生を生きていくことはほとんどできないことです。

失敗の原因を考えれば、数えきれないほどのケースの可能性があります。そもそも前職を退職したことさえ失敗なのかもしれません。

さまざまなケースについて紹介していますので、何かヒントを得ていただければ幸いです。

転職の失敗を重ねないために|入社前と後にも注意することがある
せっかく転職したのに失敗したと感じることがあります・転職をしても前に問題だと思っていた事が必ず解決する保証はありません・たとえば似たような人間関係があるかもしれないからです。ですから出戻りもありです。

 

未経験の転職

未経験という言葉は、働く上で避けて通れない言葉です。何をするにしても、未経験の場面があるからです。

未経験だから、うまくいくとか、失敗しやすいなども、言い切れるものではありません。

ただし、傾向としては、若いうちの方が、未経験の業種職種でも対応できる可能性があります。40代50代になると、未経験の仕事を覚えるのは、簡単ではなくなります。

それは、「この年齢だから仕方がない」というものではありません。

一つは、前述しましたが、40代50代の中途入社の人材に対して、社歴が多い20代30代が仕事を教えにくいということがあります。聞く耳を持っていない中途入社者もいます。40代50代の転職者は、未経験であることで、本気に素直に真摯になることが必要です。

もう一つは、30代後半以降の転職者に傾向があることです。社会人生活を10年以上経験していると、自分なりの成功体験を持っているため、素直にゼロベースで、学んでいく気持ちになりにくい人が多いです。

未経験の転職
未経験の業種や職種に転職をしようとするときに、うまく行きやすいこともあれば、なかなか難しいケースもあります。 未経験の業種や職種への転職を検討するときには、どんなことに注意すればいいのだろうか。 未経験の転職 あくまでも一般論ではあります...
失敗

試用期間に解雇されるのはどんな場合なのか

使用期間中に解雇される可能性があるのは・上司先輩の指示を素直に聞けない・社会人としてのコミュニケーションに問題があると判断された場合です・また辞めるときに3日ほどの無断欠勤などある場合、懲戒処分にもなる可能性があり次の就職の障害になります。
2022.06.21
転職を成功させる

在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある

在職中に転職活動は違法ではないが・在職中に転職をした方がメリットが大きい・在職中に転職活動はバレる可能性はあるので覚悟はしておく・転職活動は就業時間外に・バレるとなかなか大変|厳重注意で済まない可能性も
2022.06.21
転職を成功させる

転職をするタイミングに最適なのは5〜6年目

転職の時期を様子見してる方は必見!この記事では転職のタイミングについて解説しています。実は新卒なら入社5〜6年目あたりがちょうどいいです。この記事を読めば5〜6年が自分の価値を作るのに必要なことが分かります。
2022.06.21
失敗

出戻り転職は社員への挨拶でうざいと嫌われる覚悟!それでもすべきです

出戻り転職は増えているか・転職に失敗し後悔しているタイミングで前職となった会社の上司等からの誘いがある場合・出戻りの場合は志望動機が難しいかもしれない・断られたという事例もあるので戻れる保証はない・もちろんデメリットの可能性もある
2022.06.17
失敗

試用期間にクビになる確率は?怖い!クビになる人の特徴

転職から14日以内の間会社は勤務態度などを理由に解雇できる・即時解雇もあり得る・態度が悪いと懲戒扱いにされその後の転職にもひびきます。
2022.06.17
失敗

転職回数ごまかすのはダメ!特に20代!バレるとクビになるかも

転職回数をごまかしたことは、いずれバレる時がきます。入社時履歴書に詐称があることは問題となります・懲戒処分を受ける原因になる可能性があります。ごまかすことのリスクが大きすぎです。
2022.06.15
失敗

転職失敗で人生終わり?チャンスは何度もある!気づいたら行動せよ

転職失敗は本人にとっては大問題・人生終わりと感じる瞬間があっても前に向かって進む事・道は3つある・出戻り転職は格好悪いかもしれないが勝手がわかることは大事・ただ社員との関係性は元に戻りません
2022.06.13
転職を成功させる

転職するときボーナスもらい逃げといわれるより諦める方がいい

転職する時期によっては、ボーナスはもらえるのか、 もらえないのか。 場合によっては、「もらい逃げ」と上司や同僚から言われます。 これは、結構きついです。 だったら、諦めるという選択もあります。 もらうときにはど...
2022.06.13
転職を成功させる

転職の入社時期|3ヶ月先は不利!企業の都合が変わるかも

在職中の転職活動の方は必見!この記事では次の入社時期について解説しています。実は3ヶ月も先の入社時期となると、かなりマイナス判定です。この記事を読めば、理由が分かります。
2022.06.13
履歴書

履歴書で資格なしで提出すると不利?|面接官からはこう見える

履歴書を書く方は必見!この記事では履歴書の資格の書き方について解説しています。実は資格は無いなら無いで仕方のないものです。この記事を読めば、資格の有無が合否に直接関係ないことが分かります。
2022.06.13
タイトルとURLをコピーしました