転職の成功と不安

転職 成功 不安

転職には不安がつきものです。

しかし、その不安をくぐり抜けたところに転職の成功があるのもまた事実です。

転職の不安をくぐり抜けていくためのヒントを、自らの経験から解説します。

目次

転職の成功と不安

転職を成功させるためには、履歴書の書き方も重要だし、転職先の選び方も重要です。

他にも、転職する年齢、転職の時期、そして自分自身で転職の理由が明確になっているのか、転職の理由が明確になっているのか、転職後の年収がアップダウンすることも気になります。

全ては、転職を失敗しないための準備や考え方・対策です。

履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方

履歴書の書き方では、志望動機の書き方がポイントになります。志望動機がないということでは、採用される可能性はありません。

一般の応募者で、志望動機をきちんと書いてる人は、少ないです。しかし、面接官が注目しているポイントはそこにあります。ここで評価されることは採用に一歩近づきます。

採用される可能性を高めるには、職歴と志望動機については、履歴書の他に、別紙で書いて提出した方が良いです。面接官の印象は大きく好印象に傾くはずです。

転職の選び方では、何をポイントに選んだら良いのか

転職先の選び方は、一般的には前職の退職理由を改善したいと考えます。

例えば、年収・やりがい・労働環境・人間関係です。この中で、人間関係については、会社の外から見ていて、わかるものではありません。

さらにいえば、ほとんどの会社の中には、誰にとっても良い人間関係というものは、存在しないと考えておいた方が良いです。

人間関係の対策は、妥協と無視しかないでしょう。

そのほかの3つのポイント(年収・やりがい・労働環境)は、考えようによっては、改善する可能性はあります

転職する年齢に成功しやすい・失敗しやすいことはあるのか

転職する場合、成功しやすい年齢・失敗しやすい年齢があるのか。年代別に見ると、40代50代での転職は、かなりハードルが高くなります。

転職先の企業で、50代のあなたに求めることは、真面目に頑張ってくれることではなく、今すぐにでもかたちあるもの=成果=業績を求めるからです。ですから、40代50代になってからの転職では、未経験業種へのチャレンジは、失敗しやすい年代であり、失敗しやすい転職先の選び方ということになります。

この年代で転職を成功させるのは、20代30代で経験してきたキャリアがある業界業種・職種です。

転職の時期は何月が良いのか

転職時期を考える場合には、関連して、何月から転職活動を始めるか、何月を目安に転職先へ入社するのか、も考える必要があります。

現在の会社に退職を申し出るタイミングも、多くの場合就業規則には、「1ヶ月以上前」と記載されていますが、会社によっては、もっと長い期間の設定をしている場合もあります。

スムーズな退職ができないと次の転職もうまく進まないことになりますので、注意するべきです。また、転職求人が増える時期を考える人もいますが、あまり意味はないことです。強いていうならば、急な退職では、次の転職にも影響が出ることが多いので、計画的に考えておくべきと思います。

あわせて読みたい
転職の時期のまとめ|何月がベスト?求人が多いのは? 今の会社に不満がある。 もっとキャリアアップしたい。 転職を検討する人の考えは人それぞれ。 転職の時期は何月がベストなのか。 そして、準備の時期は何月がいいのか...

転職後の年収はアップするか?

転職後の年収がどうなるのかは、大きな問題です。もし、前会社の退職理由がお金に関することであれば、年収アップするのかどうかは、大きな問題です。

企業の求人情報には、収入についての情報がありますが、多くのケースでは、収入情報の加減に近い金額になります。それは、採用の時点では、どのくらい会社貢献をしてくれるのかが、不透明な状況だからです。

ただ、入社以前であれば、年収交渉が可能な場合もあります。直接交渉ではなく、転職エージェントを間に入れた交渉がお勧めです。

あわせて読みたい
転職後の年収の不安と不満 当記事は転職後の年収が上がるのか、下がるのかについての当サイトの記事をまとめています。 転職後の年収は上がる人も下がる人もいます。ただし、年齢とともに大きく変...

転職理由は明確か?面接も転職も成功するのは理由次第

転職理由には、正しい理由、間違えた理由はないと思いますが、具体的に明確になっていないと、転職後に後悔してしまう場面が発生してしまいます。

転職理由の前に、退職理由があります。なぜ退職という選択をするのか、です。退職ではなく、会社との相談によって、改善するケースもあります。どんな会社でも、退職する人がいます。考えてみれば、どの会社にも、何らかの問題があるのかもしれないということです。嫌な上司は、次の職場にもいるかもしれないからです。

転職の失敗をしないために

失敗しないように転職を考え、選んだはずでも、のちに失敗したかもしれないと感じることはあるものです。

実際に入社してみたら、想定外のことが起きることもあります。嫌なことがあって転職をしたはずなのに、むしろ転職しない方が良かった、前の会社に戻りたいと考える場合もあります。

ただ、その時には、失敗と感じたことも、数年後に振り返ると、あれで良かったと感じることも実際あります。結局は考えようかもしれません。

関連記事

  1. 転職を成功させる
  2. 転職の成功と不安 *当記事
  3. 面接対策は前日までに準備すべきこと・当日やるべきこと
  4. 転職の時期は何月がベスト?求人が多いのは?ボーナスまで待つべき?
  5. 転職後の年収はアップするのか?下がるのか?
  6. 履歴書で資格なしで提出すると不利?|面接官からはこう見える
  7. 公務員から転職後悔!難しいのは仕事のスキルと給料
  8. 異業種への転職|年齢には限界がある!30代は大丈夫だが
  9. 在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある
  10. 転職をするタイミングに最適なのは5〜6年目
  11. 転職するときボーナスもらい逃げといわれるより諦める方がいい
  12. 転職の入社時期について覚えておくこと
  13. 転職で年収交渉は可能なのか?相場はあるか?方法は?決裂の覚悟
  14. 転職で年収は下がる30代40代!許容範囲はどれくらい?
  15. 転職回数ごまかすのはダメ!特に20代!バレるとクビになるかも
  16. 出戻り転職は社員への挨拶でうざいと嫌われる覚悟!それでもすべきです
  17. 転職失敗で人生終わり?チャンスは何度もある!気づいたら行動せよ
  18. 転職したらブラックだった!ブラック企業体験談|転職の失敗と後悔
  19. 転職がうまくいかない20代!疲れた?30代40代どうする?
  20. 40代で転職失敗する人|その理由・失敗談から学ぶ
  21. 転職で失敗続きの人|その理由と対策
  22. 試用期間に解雇されるのはどんな場合なのか
  23. 試用期間にクビになる確率は?怖い!クビになる人の特徴
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次