転職の時期のまとめ|何月がベスト?求人が多いのは?

転職 時期 (1)転職を成功させる
転職を成功させる
スポンサーリンク

今の会社に不満がある。

もっとキャリアアップしたい。

転職を検討する人の考えは人それぞれ。

転職の時期は何月がベストなのか。

そして、準備の時期は何月がいいのか。

何月なら、円満に退社し転職できるのか。

そのために、やるべき事は何月から着手するのか。

この記事を読めば、「転職の時期や何月が良いのか、そのタイミング」などがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

スポンサーリンク

転職の時期は何月がいいのか→求人が増える数か月前がいい理由

転職 時期 何月がいいのか

転職したいと考えるようになると、気になることの一つに、「いつ転職したらいいのか」と転職の時期について考えるようになります。

結論から言えば、誰でにも当てはまるベストの転職時期というものは、存在しません。

転職の時期に関して言えることは、2つだけです。1つは世の中が不景気なときは、企業は採用を絞ります。それは新卒だけではなく転職に対しても同じです。ですので、世の中の景気が良くないときは、転職はより慎重に考えるべきです。条件が合う企業が見つからない可能性が高いです。

転職時期に関するもう一つのことは、個人的なタイミングです。個人的に、今の職場の環境では働けないと感じているのなら、転職先がすぐに決まらないリスクを感じていても、転職の時期は「今」ということになります。

ですので、転職の時期を考えるには、世の中の状況と自分の時期がどうなのかと考えることです。

転職先への入社日から転職の時期を何月か逆算する

転職を検討し、何月から活動を始めるか、その時期に悩む方もいるでしょう。この場合、何月までに転職先へ入社するか、ゴールを先に決めるのか。

その時期を先にきめるがオススメ。例えば、次の会社が10月入社ならば、その数か月前がベストな時期です。

そもそも転職に際して、今の会社を辞めるには、時間がかかります。今日で辞めます!と宣言して、そのまま辞めさせてくれる会社は、多くありません。2か月前、もしくは3か月前に、申し出てほしいと決めている会社も、珍しくないです。

要するに、求人が多くなる2か月前、もしくは3か月前から転職の準備をしても十分間に合います。逆に、先に転職の内定を得たのに、うまく時期を合わせて、辞められないケースもありえます。就業規則で退職に関する項目を確認してから、転職の時期を逆算するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

転職求人が多くなる時期は2月や3月

転職の求人が増える時期は2月3月が多いとされます。もう一つの時期は、6月7月8月くらいです。

6月〜8月に増えるのは、新卒採用した人が辞める人が多い時期とも考えられます。

2月3月に多いのは、冬のボーナスをもらってから辞める人が多いのかもしれません。ただボーナスをもらってから辞めるという考え方にはリスクもあります。詳しくは後述しますが、ボーナスには「今後にも期待している」という企業側の思いも含まれています。企業によっては返納する求められる場合があります。就業規則にも記載されている場合がありますので注意が必要です。

求人が増える理由は、退職者が出たことに関しての人員補充があります。もう一つには、新店舗や新規事務所の開設などに伴う求人もあります。

求人が多い時期に合わせて転職をするメリットは、選択肢が増えることです。ただデメリットもあります。それはライバルが増えることです。企業側から見た場合、転職希望者を比較しやすい環境と言えます。ですので面接の印象が良かったのに、なぜ不採用になったのだろうという事が起こりやすい時期とも言えます。

求人が少ない時期は、当然ライバルが少ない事がメリットです。前者のように、面接の印象が良かったのに、不採用ということは起こりにくいです。

スポンサーリンク

転職するときボーナスもらい逃げといわれるより諦める方がいい

そもそもボーナスは、会社から従業員へのねぎらいと今後の期待の意味があります。辞める時期が分かっている人に、果たして多くのボーナスを渡すのかどうか。

もちろんルールが確立されていれば、支給前に退職を願い出てもいいかもしれません。

そうでない場合、なぜか支給額が少ないという可能性も否定できないでしょう。退職してから、転職活動を始めるという方もそれなりにいます。いわばボーナスは、活動資金になるので、タイミング1つで転職活動に影響を与えるでしょう。

スポンサーリンク

在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある

転職活動はいつするのか、についてです。在職中に転職活動をしていることのメリットとデメリットがあります。

また退職してから転職活動をするメリットとデメリットもあります。個人が置かれている状況は様々であり、どちらがいい悪いは、言いにくいことではあります。

一般論として言えば、退職することが決まっているとしても、在職中はその企業の社員であることに違いはないので、バレてしまうとスムーズな退職ができなくなる可能性と、最悪の場合、懲戒処分を受ける可能性もあり得ます。もちろん、会社に退職届を出した後であれば、大目に見てくれる可能性はあります。

まずいのは、現在の会社に退職予定を内緒にしたままでの転職活動です。懲戒処分を受けたことは、次の会社にも知られる可能性は高いので、転職に不利に作用する可能性があります。

スポンサーリンク

転職の入社時期について覚えておくこと

転職の入社時期について覚えておくべきことは、転職応募者としての立場からだけではなく、採用する側の立場として、入社時期を3ヶ月や半年死後という日程条件があった時に、その応募者をどのように受け入れるのかを想像してみると、とてもリスキーなことだと気づくと思います。

基本は、採用が決まってから、1ヶ月〜1ヶ月半が一般的です。2ヶ月以上先の予定はとてもリスキーです。新卒はかなり早い時期に決まることが多いですが、転職の求人広告を出している会社は今人員が不足している状況です。それが3ヶ月以上先なんてことになることは、一般的にはありえないです。他に応募者がいなければ、採用されるかもしれません。

関連記事一覧

  1. 転職を成功させる
  2. 転職の成功と不安
  3. 転職の時期のまとめ|何月がベスト?求人が多いのは?*当記事
  4. 転職後の年収の不安と不満
  5. 転職失敗で人生終わり?チャンスは何度もある!気づいたら行動せよ
  6. 転職をするタイミングに最適なのは5〜6年目
  7. 在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある
  8. 転職するときボーナスもらい逃げといわれるより諦める方がいい
  9. 転職の入社時期について覚えておくこと
  10. 履歴書で資格なしで提出すると不利?|面接官からはこう見える
タイトルとURLをコピーしました