在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある

転職 活動転職を成功させる
転職を成功させる転職時期

在職中で転職を考えている人の悩みは多いかと思います。

転職先が決まるのか、今より好条件の会社に転職できるか、採用後は円満に退職出来るか……。

「転職活動をし始める時期はいつが良いか」という悩みや、「在職している会社に転職する事をいつ伝えるか」という問題も出てくるのではないですか。

退職のタイミングは転職の成功、失敗を左右します。

 

合理的に考えて、在職中に転職活動をしてしまった方が有利ではあります。

退職後に転職活動をした方が、良い人もいますので合わせて解説していきます。

こちらの記事を読んでいただきますと、「在職中に転職をした方が良い理由」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

在職中に転職活動は違法ではないが

在職中 転職活動

誰でも想像の出来る話ですが、在職中の会社を辞めてしまった後に、いつ決まるかも分からない、など。転職活動を始めるとすると、生活の不安が出てきます。

無収入になってしまうので、毎月の支払いや、生活費等、十分な貯金がないと厳しいです。

お金に余裕がある人なら良いでしょうが、そうでない人は在職中の転職活動が現実的です。辞めてしまわなければ、もしなかなか転職先が決まらなくても、生活費で困る事はなくなります。

仕事があって転職活動が出来ないという人も、先に転職活動をしますと言えば、会社によっては、有給休暇を使っての転職活動が出来ます。

 

在職中に転職をした方がメリットが大きい

在職中に転職活動をする事は、退職後に転職活動をするよりメリットが多いです。

ただし、一部デメリットもあるので、問題点をクリア出来るかどうかも視野に入れて

転職活動をしたほうが良いです。

 

在職中に転職するメリット

まず考える時間のメリットが大きいです。希望の職種の会社に面接に行って、想像と違ったり条件が合わない等の問題が出た場合、転職をせずに在職中の会社に居続ける事が出来ます。

辞めてしまったら、時間的ゆとりはありません。

 

次に、経済面でのメリットがある。仮に給料面が退職の理由であっても、退職を先に勧めた場合には、無収入になるわけです。精神的に、追い詰められますね。

働きながら、給料面で不安になる事が少なく、ゆっくり転職活動が出来ます。

 

次に、働いていない期間がないので、ブランクがないです。

一度仕事から離れてしまい、すぐに次の職場が決まらないと、空白の期間が数ヶ月できてしまいます。

それは、次の面接でも不利になる場合もあります。実際、仕事を始めた時に勘を取り戻すのは大変です。

転職をするタイミングに最適なのは5〜6年目
転職の時期を様子見してる方は必見!この記事では転職のタイミングについて解説しています。実は新卒なら入社5〜6年目あたりがちょうどいいです。この記事を読めば5〜6年が自分の価値を作るのに必要なことが分かります。

 

在職中に転職するデメリット

まず、面接に行く時間がないという事。

シフト制の職場であれば、平日に面接に出向くことが出来ます。しかし、在職中の会社が平日出勤の職場で、応募先の会社も平日出勤の職場の場合は、時間的に難しい事もあります。

有給休暇を使って面接に行く、応募先の会社に面接の時間を相談する等、方法はあります。

 

次に、仕事をしながらの転職活動で、休む暇がなくなってしまう事です。

体力的にも精神的にも疲れが出てしまうし、在職中の会社や同僚への罪悪感等を抱いてしまう人も多いです。

次に、転職する事が同僚などに知られて居心地が悪くなる事です。

周りから良く思われないです。

同僚との関係性が悪化し、会社に行くこと自体、辛くなる可能性があります。知られる前に、決めることです。

転職の入社時期|3ヶ月先は不利!企業の都合が変わるかも
在職中の転職活動の方は必見!この記事では次の入社時期について解説しています。実は3ヶ月も先の入社時期となると、かなりマイナス判定です。この記事を読めば、理由が分かります。
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

在職中に転職活動はバレる可能性はあるので覚悟はしておく

在職中 転職活動 (1)

在職中に転職活動をすること自体は、違法ではありません。

 

しかし、入社の際に誓約書を書いているはずです。

誓約書には、社内で知り得た会社や個人の情報を外部に流出させないことも書かれていますが、組織の一員として会社に貢献することを求められ、約束しています。

 

 

転職活動は就業時間外に(原則)

ですので、転職活動は、就業時間以外に行うことになります。

ただ、面接時間が、就業時間と重なるため、有給休暇を取得したり、営業職の場合なら、仕事の合間に面接を受けに行くことになります。

 

当然、何度も繰り返しているうちに、周りの人間も気づくことになります。

ですので、時間的ゆとりがあるといっても、早めに転職先を決めるつもりで活動しませんと、まずいことが起きてしまいます。

スポンサーリンク

 

バレるとなかなか大変|厳重注意で済まない可能性も

こういった状況で、無理が重なれば、会社にバレる日も近いということになります。

もし、就業時間内に、転職活動をしていた場合、懲戒処分の対象になります。

 

懲戒処分=解雇ではありません。

しかし、早く決まらないと、処分される可能性が出てきてしまいます。

解雇は、何度か注意を受けても改善せずに、繰り返す場合に、受けることになります。

会社による解雇は、その後の離職票にも残ります。

当然、転職は、非常に不利になります。

転職の時期のまとめ|何月がベスト?求人が多いのは?
今の会社に不満がある。 もっとキャリアアップしたい。 転職を検討する人の考えは人それぞれ。 転職の時期は何月がベストなのか。 そして、準備の時期は何月がいいのか。 何月なら、円満に退社し転職できるのか。...
スポンサーリンク

 

退職してからの転職活動は生活に余裕が必要

中には、円満退職してから、ゆっくりと転職活動をしたい人もいるかとは思います。

ここからは退職後の転職活動のメリットとデメリットを説明します。

 

退職後の転職活動|メリット

出勤日が多く、残業も多い為に転職活動が難しいという人もいると思います。

そういう境遇の人は、退職後に転職活動に集中した方がゆっくりと自分に合った職場を探せます。

在職中に当分の生活費を貯金しておけば、生活費の心配なく自分のペースで転職活動ができます。

 

 

退職後の転職活動|デメリット

転職活動中、無収入になる為貯金があるにしても減る一方となってしまいます。

なかなか決まらないとブランクも長くなってしまうので、余裕がない人は在職中に転職活動をした方が良いです。

 

失業保険を受け取る事も出来ますが、自己都合での退職だと、受け取るのに3か月はかかってしまいます。

辞めるまでに3か月分の生活費分の貯金をしておく必要があります。

出戻り転職は社員への挨拶でうざいと嫌われる覚悟!それでもすべきです
出戻り転職は増えているか・転職に失敗し後悔しているタイミングで前職となった会社の上司等からの誘いがある場合・出戻りの場合は志望動機が難しいかもしれない・断られたという事例もあるので戻れる保証はない・もちろんデメリットの可能性もある
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

在職中に転職活動をするべき|まとめ

在職中に転職活動をした方が良いか、退職後に転職活動をした方が良いかを、メリットとデメリットを比較してみると、在職中に活動をする方がメリットが大きいです。

 

退職後に転職活動をする事は経済面のデメリットが大きいので、生活費に問題のない人は、ゆっくり活動出来るので精神的に余裕を持てます。

在職中の転職活動にもデメリット面はありますが、対策も出来ますので、問題点をクリア出来ない人以外は在職中に転職活動をしてしまった方が合理的です。

ただし、バレルと不利なことも発生しますので、そうなる前に転職先を決めることです。

 

 

 

関連記事

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職の時期は何月がベスト?求人が多いのは?ボーナスまで待つべき?
  3. 在職中に転職活動!違法ではないがバレる可能性はある*当記事
  4. 転職するときボーナスもらい逃げといわれるより諦める方がいい
  5. 転職の入社時期|3ヶ月先は不利!企業の都合が変わるかも
  6. 転職をするタイミングに最適なのは5〜6年目
タイトルとURLをコピーしました