仕事で使うパソコンはMacで仕事効率化!大画面ならさらに効率化

仕事 PC Mac営業力・ツール
営業力・ツール
スポンサーリンク

時々見かけるテレビで、パソコンが映り込むシーン。

Macが多くないですか。

仕事で使うパソコンはmacに変化しているのか。

個人的には、10数年Macを使っています。

今では、Windowsも動きは良くなっている気がしていますが、10数年前はヒドかった。

とにかく一つの作業から、次の作業に移るのに、やたらと待たされた記憶があります。

その間、仕事中に画面を見つめて待っている無駄な時間が嫌いでした。

それがきっかけでMacを仕事で使い始めたのです。

今は、仕事で使うパソコンはMacになりました。

スポンサーリンク

仕事で使うパソコンはMacがおすすめ!仕事効率化!

Macは仕事に何の問題もなく使える。

確かに、法人のネットバンクや一部のサイトが、Windowsのみの仕様になっているものが、未だにある。

しかし、それ以外は何の問題も無い。

画像編集などの仕事でなく、普通のビジネスユースの仕事でも、仕事で使うパソコンはMacの方が、動きが軽快で使いやすい。

仕事で使うパソコンはMacがおすすめ!マルチタスクで複数アプリ・ブラウザがサクサク動くので効率化

10数年前は、仕事で使えるソフトに制限は、確かに感じていました。

しかし年々、変化しています。

仕事で使うパソコンのMac用のオフィス(Office for Mac)も販売されている。

筆者は、サブスクリプションのOffice365を使っているが、Windowsとのデータやり取りにもなんの支障も感じていない。

仕事で使うパソコンは、同時に2つ以上作業をする必要性に迫られることは、度々起こる。

マルチタスクがスムーズに出来る環境が必要になります。

しかし、Windowsはウインドウ10あたりでは、だいぶスムーズになって来た感じがする。

それ以前のOSでは常々もたつく感じがありました。

Macには、そのもたつき感を感じることは、あまりありません。

仕事で使うパソコンはMacになりました。

作業をする上で、「待つ」という状態がほとんど起きることがない。

仕事上のやや専門性の高いサイトの推奨OSに記載が無くとも、使える。

むしろ、動きは軽快だし、操作感もWindowsよりも手間が少ない。

仕事で使うパソコンはMacの方が良いと感じます。

スポンサーリンク

仕事で使うパソコンはMac|Windowsより快適!

仕事でMacを使い続けるのは、一言でいうと『仕事の作業が楽』だからなんです。

Windowsで何かをしようとする手順が、今では、ややこしく感じるのです。

それにちょっとした仕事の作業は、新しいソフト(アプリケーション)を買わなくとも出来ちゃうのです(純正アプリで)。

仕事で使うパソコンはMac|Windowsはセットアップに時間かかる

Windowsは、それしか使っていない社員のWindowsが壊れたときになどに、買い入れることが今でもあります。

しかしセットアップで、必ず「OneDrive」にログインさせようとする。

(最近は、そんなことはないのだろうか・・・)

こちらとしては、「それはあとで良いから、早く使わせて~」と思ってしまいます。

それに比べると、Macは何をするにも、何だか楽にできるイメージがあります。

筆者は、特に画像編集などの業務はあまりしません。

しかし、箱から出して、電源入れて、アクセスポイントもすぐに見つけるし、パスワードを入力するとすぐにネットに繋がる。

この快適感には、最初のうちは、感動したものです。

スポンサーリンク

仕事で使うパソコンはMac|通常作業でフリーズ経験ない

PDFにテキストを書き込むなんてことは、純正アプリで出来てしまう。

ファイルの圧縮とか、写真のリサイズなんて事も全部純正アプリ(プレビュー)で出来てしまいます。

純正アプリといえば、蛇足ですが、最近、純正のメモアプリがすごく進化しています。

仕事も含めて文書作成はこればかり使ってます。

少し前まではEvernoteばかりだったのです。

色々な便利な機能は機能はあるし、画像の中の文字だって検索できるし、

非常に良かったのです。でも、時々動きが不安定です。

なんだか起動が遅かったり、フリーズしたような状態になったり、少しストレスを感じてたところでした。

会社のiMacで作りかけた仕事の文書(ワードやエクセルなども)を、自宅に帰ってから、MacBookProでその続きを作成します。

そして、外出先でiPhoneでメモの内容を確認するなどのことが、非常に安定的に、サクッと開いてくれるところが、今1番のお気に入りかもしれません。

検索も速いし、手書きも出来るし、機能も悪くは無いし、Evernoteのように画像の中の文字を検索することなどは、出来ないかもしれませんが、現時点では最高のアプリです。

スポンサーリンク

大画面ならさらに効率化を進められる

仕事の種類によるかもしれませんが、調査を深めたり、何かを作っていく段階で、画面が小さいことで、余計な時間がかかっていることを自覚しているでしょうか。

一つの小さい画面しかないと、ブラウザやアプリを開いたり、閉じたりを何度も繰り返していることに気づいていると思います。

いっそのこと、使いたいアプリとブラウザを開いたまま、見比べながら作業をする方が時間が早いことも多いです。

すると、ディスプレイをもう1台追加し面積を広げることを考えます。この方法で、かなり仕事の効率化が図れるようになります。

しかし、この方法にも少しネックがあります。ディスプレイの解像度やサイズが違うとなかなか大変です。画質の違いも、小さなストレスを溜めていきます。

そこでお勧めするのが、大画面1台で作業することです。筆者も愛用していますが、32インチあると、画面を2分割、場合によっては4分割して作業することも、ストレスがなくなりますし、アプリもブラウザも開いたままなので、すぐに次の手順に進んでいくことがきます。

横に長いワイド画面は、一見良さそうですが、目を動かす距離が横方向に長くなり、疲れます。お勧めするのは、32インチ以上の大画面です。今はディスプレイの価格も下がっています。4K画面の必然性がなければ、かなり安く購入できます。

スポンサーリンク

まとめ

Macは普通にビジネスユースとして、仕事に全く問題無く使えます。

特に純正のアプリの出来が良い事は、さらに、おすすめです。

iPhoneやiPadなど使っている人ならば、全部がiCloudで、とてもスムーズに瞬時に同期します。

機種を入れ替えしても、データを移行して、すぐに使えるところや、何よりWindowsのようにフリーズしないことが、僕にとっては、最高に理想的です。

もしも、迷ってる方がいらっしゃるようなら、自信を持って画像編集でないビジネスユースでも、『仕事に使えます』と背中を押したいです。

関連記事一覧

  1. 営業力・ツール
  2. 営業力のまとめ
  3. 仕事効率化ツールのまとめ
  4. 仕事効率化アプリ|ビジネスマンが使うEvernote他
  5. 仕事で使うパソコンはMacで仕事効率化!大画面ならさらに効率化*当記事
  6. iMacの使い道はビジネスでも使いやすい!
  7. 営業が信頼関係を構築する方法|電話・メール・ハガキ
  8. 営業メール|アポとお礼と売り込みしないメールの書き方の秘訣
  9. 仕事効率化アプリ|売れる営業はiPhoneのリマインダー活用
  10. 仕事の優先順位のつけ方はマトリクスで|順位を間違うと成果なし
タイトルとURLをコピーしました