転職を業種職種から考えると合う企業が見つかるかも

転職 業種職種転職
転職

転職先は行きたい業種から考えると良い企業が見つかるかもしれない。

労働条件等も大事だが、そもそも業種に魅力を感じないと働くマインドが上がってこない。当記事は、転職先を業種別に紹介した記事をまとめたものです。

 

スポンサーリンク

転職を業種職種から考えると合う企業が見つかるかも

前の会社では実現できなかった何かを得るためには、やりたいと思える業種、進みたいと思える業種を選ぶことから考えるのも、転職先の考え方です。

 

営業に転職したい!未経験でもおすすめするタイプはこんな人

営業 転職

営業は業種ではなく職種ですが、どんな業種でも、営業に共通しているのは、一般的に特に資格がなくても始めやすい職種であることです。

どんな仕事も最初は、未経験です。しかし、営業の求人募集を見て、給料などの労働条件に魅力を感じつつ、「自分にできるのか」と不安に思う人も多いと思います。

未経験の人間でも、営業として入社してやっていけるのかどうかは、実は性格による部分があります。特に営業の場合、成長できるかどうかのポイントは、「素直に受け入れることができるか」にかかっています。

また、最初は失敗続きになるのが当然なので、「多少の失敗にあきらめない」という性格も営業にあっています。よく言われることですが、最初からうまくいくはずは無いのです。最初の数ヶ月・数年間は、失敗することがあって当然です。失敗しない人は成長しない人です。

営業に転職したい!未経験でもおすすめするタイプはこんな人
営業は、転職する際、一般的には、特に資格はいらず、転職しやすい職種です。 そして、努力次第ではあるが、失敗を繰り返し、学び、スキルが上がり、実績が増えるようになる。 伴って、収入も上がりやすい職種です。 ...

 

 

薬剤師が転職するときの特徴

薬剤師 転職

薬剤師は、資格を生かして仕事ができます。転職先は、病院か調剤薬局か、ドラッグストアでの勤務となります。

同じ職業でも、それぞれの場所で、求められる仕事の役割には違いがあります。

それぞれの場所に勤務する場合のメリットとデメリットがあります。そして、さらに現場では、病院ごとや薬局ごとに仕事の進め方や各部署との連携の取り方にも違いがあります。

薬剤師が転職する時に勤務する場所の特徴・メリット・デメリットは?
体調が悪く病院へかかった場合、薬を処方されます。 その処方箋に基づき薬を処方するのが薬剤師の仕事になります。 この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・薬剤師が資格を活かして転職できる勤務先の特徴 ・薬...

 

 

不動産業界へ転職

不動産 転職 未経験

不動産業界への転職を考える人は、営業職を希望する人が多いのだと思います。営業職以外にも不動産業界には仕事があります。

例えば、営業を支援する立場の仕事です。建物の間取図面を作成したり、ホームページを活用して、集客を増やしていく仕事などです。

ただ、当記事では、希望者が多い営業について紹介しています。

不動産の営業は、宅建士という国家資格を取ったり、税金やローンの知識、さらに相続の知識など、覚えなくてはいけないことが多岐にわたります。しかし、それらの知識や情報は、汎用性があります。例えばAという不動産会社にいる間に身につけた知識や資格は、他のBという不動産会社に転職したり、あるいは起業しても使っていけるものです。

同じ営業でも、他の物販等では、それぞれ固有の商品知識に偏る部分があります。例えば、車の営業や保険の営業では、同業他社に転職した場合、全ての知識ということではありませんが、会社ごとの商品知識を新たにアップデートしていく必要があります。

不動産業界へ転職希望|未経験だが大丈夫?
不動産業へ転職希望のあなた。 自分は未経験だから、転職は不安だ、とか。 専門的すぎて、自分ではやっていけないかもしれない、とか。 考えていますね。 この記事を読めば、不動産に転職希望のあなたが、未経験だから不...

 

 

事務職の転職が難しい時代になりました

事務 転職

10数年前にはあった「一般事務」のような仕事は、現時点でほとんど求人の可能性がなくなりました。

仮に、募集要項には、「一般事務」という記載があったとしても、求められている仕事の範囲は広くなっています。

それは、営業職や経営者や管理職などのパソコンスキルが以前とは比べられないほどアップしていること、特定の作業に特化した作業について請け負うフリーランスが増えたこと、オンラインが一般的になり、一般事務員を社内に置くよりも、安い経費で仕事が完結するようになったからです。

ですので、事務職として入社しても、実際の業務は営業寄りであったり、ホームページでの情報発信や集客に関する技術を求められたり、など専門性を伴った事務職が求められるのです。

以前は、事務職は、企業に就職するのではなく、事務という仕事に就職する感じがありました。現在と未来においては、事務という名前であっても、専門性を伴ったスキルがないと、転職は困難でしょう。

事務職の転職が難しい時代になりました
事務職の転職は、難しい時代になりました。 有料サイトではなく、ハローワークの募集だけでも、求人倍率がとても高いのです。 応募する人たちは知らないかもしれませんが、求人倍率は20〜30倍です。 求人倍率では、人気の職種に...

 

 

保育士の転職|成功と失敗の選択

保育士の仕事は、人間に直接接して、人に影響を与える大変な仕事の一つです。さまざまな仕事が自動化・ロボット化・IOT化によって、消えてしまったり、減少したりしています。

しかし、保育士の仕事をロボットが変わって行うことは、想像はされるものの、現実にはそう簡単には実現されないと思われます。

ただ、現時点においては、残業が長く、賃金が高くなく、人間関係の難しさのある仕事と考えられています。ですので、転職を考えるときの選択もいくつかあります。

成功の選択と失敗の選択について紹介しています。

保育士の転職|成功と失敗の選択
保育士の仕事はやりがいがある一方で、大変な仕事でもあります。 そのため、保育士を辞めて転職したい、と思っている方も多いはずです。 しかし、転職がうまくいくかどうか、心配もあると思います。 そこで、保育士の転職について、成功...

 

 

 

関連記事

  1. 転職の成功と不安
  2. 転職先の選び方|何をポイントに選んだら良いのか
  3. 転職を業種から考えると合う企業が見つかるかも*当記事
  4. 営業に転職したい!未経験でもおすすめするタイプはこんな人
  5. 薬剤師が転職する時に勤務する場所の特徴・メリット・デメリットは?
  6. 不動産業界へ転職希望|未経験だが大丈夫?
  7. 事務職の転職が難しい時代になりました
  8. 保育士の転職|成功と失敗の選択
タイトルとURLをコピーしました