マーケティングがビジネスの原点

仕事
仕事

仕事の働き方や使うツールが進化しても、変わらずに必要なのが、マーケティングです。

良い商品を作れば、売れたという時代は、すでに過去のことです。

現代において、ビジネスを成功させるには、顧客が求めるものを作って、顧客の使うチャンネルで広告をして、提供しなければなりません。

つまり、マーケティングがなければ、どんなに良い商品を作っても、お店は潰れてしまいます。

働き方が変化していく中でも、商品・広告・販売活動にしても、マーケティングから導き出した物事でなければ、売れ続けることは、難しいです。

ですので、マーケティングは、重要でかつハードな仕事かもしれません。

詳しくは、本文下のリンクからご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングモデルの立案手順|売れ続けるために

営業マーケティング戦略

マーケティングは、当然営業においても重要です。

商品の良さを、情熱を持って伝えれば、顧客に買ってもらえら時代も過去にはありました。

しかし、現在のように、各お店の商圏が広くなり、競合する他社が増えた現代においては、営業マンが熱心に進めるだけでは、簡単には買ってもらえなくなっています。

 

本編ページでは、営業マーケティング戦略の立案の手順について、詳しく解説しています。

あらすじとしては、全体のマーケットを考え、地域のマーケットを調べるところから始まります。

マーケティングには、調べたり、テストすることが、重要です。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事がなくなるのは、まだ先のこと

マーケティングの 仕事は忙しい

人がいて、モノがあり、人がモノを買うという行動が、経済の基準にある内は、マーケティングの仕事は無くなることは、ないです。

ただ、人の仕事として、あるのかどうかについて、は別かも知れません。

世に言うAI化の進化は、機械学習の進化です。

過去のデータから、「当たり」の確度を高めることについては、人間がかなわない時代は、すぐそこにあるのかもしれない。

 

ただし、経済活動を経験した者なら分かるとおり、実際の経済は、マーケティング通りに再現されないことも度々あります。

そこには、人間の「感情」が絡んだときです。

経済の半分は、感情で動くからです。AIの知能が、人間の感情すらも認識できるときがくるのかどうか。

 

もう一つは、潜在的ニーズに気づいた開発者が、シーズを行い、テストマーケティングを行い、その後に大ヒット商品を生み出すということが起きます。

日本では、昔のソニーが得意としていました。

ソニーの創業者2人でゴルフをしていて、ゴルフをしながら音楽を聴きたい、と思わなければ、ソニーのウォークマンは、生まれませんでした。

ニーズを喚起させるためのシーズのCMでは、猿がヘッドホンをつけて音楽を聴いて、涙を流していました。見事でした。

ウォークマンがなければ、その後のiPod等が生まれたのだろうかとさえ思います。

 

以上のように、マーケティングには、まだまだ未来があります。

凄腕営業マンが不用になり、ネットでものが売れる時代であっても、現時点でAIが行っていると思われる機械的マーケティングでは、人間が行うマーケティングにかなわない部分があります。

マーケティングの仕事がなくなるのは、まだ先のことと思います。

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事は辛いのか?年収は?

マーケティングという仕事

マーケティングの仕事は、売れる仕組みを作ることです。

売れるための方向性を示すこともあります。

ですので、マーケティングの仕事はきついかもしれません。

ビジネスの中枢に関わる仕事だからです。

ただし、その分、評価されると、高年収になる可能性もまた高いです。

また、AIによるマーケティングが実現すると、人の仕事がなくなると心配する人もいます。

確かに、AIは、ディープラーニングによる機械学習が得意です。

もし、それ以上に、「思考」ができるようになると、どうなるのでしょう。

 

 

詳しくはこちらから

  1. 仕事について
  2. マーケティングがビジネスの原点 *当記事
  3. テレワークはフリーランスという仕事の始まり!会社に所属しない働き方に!
  4. 営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために
  5. マーケティングの仕事は辛いこともあるが今後評価が高まる仕事
  6. マーケティングの仕事はきついのか?年収は?
タイトルとURLをコピーしました