マーケティングがビジネスの原点

スポンサーリンク
仕事
仕事

仕事の働き方や使うツールが進化しても、変わらずに必要なのが、マーケティングです。

良い商品を作れば、売れたという時代は、すでに過去のことです。

現代において、ビジネスを成功させるには、顧客が求めるものを作って、顧客の使うチャンネルで広告をして、提供しなければなりません。

つまり、マーケティングがなければ、どんなに良い商品を作っても、お店は潰れてしまいます。

働き方が変化していく中でも、商品・広告・販売活動にしても、マーケティングから導き出した物事でなければ、売れ続けることは、難しいです。

ですので、マーケティングは、重要でかつハードな仕事かもしれません。

詳しくは、本文下のリンクからご覧ください。

 

 

営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために

営業マーケティング戦略

マーケティングは、当然営業においても重要です。

商品の良さを、情熱を持って伝えれば、顧客に買ってもらえら時代も過去にはありました。

しかし、現在のように、各お店の商圏が広くなり、競合する他社が増えた現代においては、営業マンが熱心に進めるだけでは、簡単には買ってもらえなくなっています。

 

本編ページでは、営業マーケティング戦略の立案の手順について、詳しく解説しています。

あらすじとしては、全体のマーケットを考え、地域のマーケットを調べるところから始まります。

マーケティングには、調べたり、テストすることが、重要です。

 

 

マーケティングの仕事は辛いこともあるが、今後評価が高まる

マーケティングの 仕事は忙しい

マーケティングを知らずに、商品を作っても、なかなか売れません。

マーケティングをしないで、営業をしても、なかなか売れません。

それは、顧客のニーズとずれているからです。

しかし、現状は、マーケティングをうまく利用している企業・過渡期にある企業・昔ながらを大切に変わることをしない企業など、様々です。

確かに、それまでになかった新商品のマーケットは難しいです。

企業の古株の社員はマーケットを信じておらず、マンパワー(営業)や商品性だけで売れると信じている人も多いです。

ですので、マーケティングの重要性が理解されない環境の場合も少なくありません。

そういう意味では、マーケティングの仕事が辛いということもあると思います。

 

 

マーケティングの仕事はきついのか?年収は?

マーケティングという仕事

マーケティングの仕事は、売れる仕組みを作ることです。

売れるための方向性を示すこともあります。

ですので、マーケティングの仕事はきついかもしれません。

ビジネスの中枢に関わる仕事だからです。

ただし、その分、評価されると、高年収になる可能性もまた高いです。

また、AIによるマーケティングが実現すると、人の仕事がなくなると心配する人もいます。

確かに、AIは、ディープラーニングによる機械学習が得意です。

もし、それ以上に、「思考」ができるようになると、どうなるのでしょう。

 

 

詳しくはこちらから

  1. 仕事について
  2. マーケティングがビジネスの原点 *当記事
  3. テレワークはフリーランスという仕事の始まり!会社に所属しない働き方に!
  4. 営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために
  5. マーケティングの仕事は辛いこともあるが今後評価が高まる仕事
  6. マーケティングの仕事はきついのか?年収は?
タイトルとURLをコピーしました