マーケティングの仕事はきついのか?年収は?

マーケティングという仕事仕事
仕事

マーケティング」という仕事があります。

モノを作る会社・販売する会社には、「マーケティング」部門があります。

 

顧客がいて、商品が有り、買ってもらうというアクションがあります。

それら一連の流れに関わるのが、マーケティングという仕事です。

 

マーケティングとはどんな仕事なのか、どんな人が向いているのか、どんな魅力があるのか、きつい仕事なのか、について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事とは?

マーケティング 仕事 きつい

マーケティングという言葉は知っているが、具体的には「どんなことをする仕事なのか」については、あまり分かっていない人もいると思います。

 

マーケティングの仕事|売れる仕組みを作る

簡単に言いますと、「当社(あるいは他社)が提供する商品・サービス」があって、それを購入する「顧客」がいる、という関係があるときに、実際に商品・サービスが売れる仕組みを考えるのが、マーケティングの仕事です。

 

そして、その商品・サービスは売れ続けなければなりません。

ですから、継続的に売れていく仕組みということになります。

マーケティングの仕事が関係する範囲は非常に広いです。

商品を顧客に買ってもらう、という販売だけに限りません。

 

どんな広告をすれば目指している顧客に買ってもらえるのか、気づいてもらえるのかも、マーケティングの仕事です。

そして、どんな商品であれば、顧客に受け入れられるのか、と考える部分にまで関係します。

つまり、どんな魅力を持った商品であれば、顧客に受け入れられるという判断まで関係します。

商品・サービスの製造の段階にまで関係するわけです。

 

ですので、調べる範囲も広いですし、責任も重いですので、きつい仕事とも言えるかもしれません。

しかも、企画・製造・広告・販売、という一連の流れの中には、それぞれの部署が専任しております。

その部署と連携して、マーケティングを理解してもらい、販売に進んでいきます。

最もきついのは、各部署との関係性かもしれません。

 

実際にお客さんに買ってもらう仕事をするのは、営業と販売の人です。

マーケティングの人は、その商品・サービスを、どんな人が買ってくれるのか、どういう広告で買ってくれる人を集めるか、どういうポイントで買ってもらえる決断をしてもらえるか、等と考えて、売れる仕組みを作るのが仕事です。

 

その仕組みを考えるために、行う具体的な業務が、日々の業務となります。

そして、商品と顧客がいる業界=ほとんどの業界で、必要な仕事であり、担当する人の仕事はきついです。

ただ、仕事が、きついのは、責任があり、期待されているということを、理解しておいて下さい。

 

 

マーケティングの仕事はきつい|売れるための方向性を示すこと

一般的には「市場調査」「情報収集」、そして「分析」をし、「戦略立案」をする事から始まります。

会社によっては、市場調査から戦略立案までを、マーケティング部署が担当するという会社もあります。

 

しかし、現実には最後の部署「販売」で完結する部分まで、マーケティングの考え方が強く関係します。

マーケティングがなければ、商品の販売は、場当たり的なものになってしまいます。

なぜ売れたのか、なぜ売れないのか、など分かりません。

つまり再現性のない販売活動になってしまいます。

これでは事業として継続して成り立っていきませんので、マーケティングは最初から最後まで関係するのが、重要になります。

 

 

これらの業務をまず商品・サービスの販売前に行います。

販売前の段階で、「戦略」はあくまで「仮説」です。

現実の販売活動が始まりましたら、定期にこの「仮説」を検証し修正していかなければなりません。

それがPDCAサイクルです。

 

PDCAとは、プラン・ドゥ・チェック・アクションの略です。

プラン=計画を立てる、ドゥ=実行する、チェック=検証、アクション=修正の実行、です。

 

マーケティングを担当するのが誰なのかは、業界や会社ごとに、違うかもしれません。

専門部署で担当する場合と、プロジェクトリーダー(営業現場責任者)が担当する場合、両者が協力し合う場合、また専門会社として担当する場合があります。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事はきつい?

マーケティングという仕事 (1)

マーケティングという仕事は、何がきついかというと、評価をされにくい要素を持っているということと、各部署との人間関係があります。

近く、製造、広告、販売、と言う部署には、それぞれのスペシャリストがいます。

この人たちにマーケティングを理解してもらうところが、マーケティングという仕事のきつい部分かもしれません。

 

各部署のスペシャリストたちは、職人的な気質を持って、自分の役割を全うしようとしています。

マーケティングは、全体を俯瞰して、売れる仕組みを考えるものです。

ときには、各部署の専門家たちに理解を得られないことがあります。

その調整が難しいところであり、きつい仕事ではないかと思います。

 

自社の商品に、どんな付加価値をつけて、どんなユーザーに向けて、どういう広告活動を行い、どんな営業戦略をとるのかに、関わる仕事だからです。

会社の業務の中で、ある意味社長の頭脳となり、関連部署に方向性を示す、シンクタンクである必要があります。

しかし、社内の製造・広告・営業などの部署それぞれには、一般的に壁があります。

ここが難しいのです。

辛いところです。

 

本来、マーケティングは、古くは、それぞれの部署の人間が協議しあって、合意して進めていた根底に関わる事業戦略であったものです。

ですので、企業においては最も重要なのです。

 

現実には、協議しあって合意したことが、同じ方向性と強さで、守られていくことは、難しいのです。

それぞれの部署の信じていることが、違うからです。

 

マーケティングの仕事は、すべての部署を、一気通貫するものでありますので、もし強く推進しようとすれば、各部署の反発にあいます。

マーケティングの仕事は、机上の空論だと言われることもあります。

社内の壁にぶつかり、調整を図り、社長の頭脳になったり、片腕として社内で活躍することは、かなり辛い仕事と言えます。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事はきつい。だから高年収

業界や会社による部分の差があると思いますが、一般的には高いです。

マイナビエージェントのデータによれば、平均年収 520万円とされています。

他の職種よりも高い傾向にあります。

 

また、前述しましたように、プロジェクトリーダーやシンクタンク部門の責任者クラスになれば、年収1,000万クラスになっています。

筆者が以前会社員として、勤務していた上場企業であるマンションメーカーでも、担当者の年収は

やはり高い傾向にありました。

ただ、責任も大きいですので、プロジェクトリーダーにしても、経営企画室であっても、「役不足である」と評価されると、比較的早い段階で、異動になってしまうことは少なくありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

マーケティングの仕事はAIによってなくなるのか

AIの進化は加速していることは、周知のとおりです。

AIが最も能力を発揮することは、単純作業と言われる業務です。

 

マーケティングの仕事|部分的にその可能性はある

これは、マーケティングの仕事の一部は、その可能性があると言わざるを得ません。

特に、データ分析に関する一連の業務(過去の事実から、未来を予測する)は、そうなるでしょう。

 

AIが得意とするところは、機械学習をして、ロスを無くすることです。

製造から販売までの、データを緻密に収集できて、AIで、未来予測をさせれば、社会環境にイレギュラー要素(例えば2020年のコロナウイルスのような)が、発生しなければ、ロスの少ない事業推進ができるようになるでしょう。

 

ということは、そのまま、マーケティングの仕事の重なります。

問題点があるとすれば、どこまで緻密な過去データを収集できるのか、ということです。

 

具体的にAIが関わるとすると

もしも、マーケティングの業務の中で、データ分析が主業務である人は、その仕事がAIに、取って代わられる可能性は大です。

データ分析の処理速度において、かなうはずはありません。

 

しかし、マーケティングの仕事は、それだけではなく、その分析結果から、仮説を生み出すことが最重要の業務です。

その根幹部分においても、AIの力を借りることができるようになる可能性はあります。

 

 

マーケティングの仕事|分析結果から発想するのは人間の脳

しかし、どの方向性で、仮説を導き出すのか、発送することができるのが、人間の脳であります。

 

人間は、AIを使って、マーケティングをより正確に、未来予測のエラーの部分を少なくすることが、できるようになるでしょう。

ですから、マーケティングの仕事を選ぶ場合は、データ分析から検証し、次の仮説をたてることに、自分の能力を集中させることに力を入れておくべきです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

マーケティングという仕事は、責任は大きいのですが、仕事の魅力もかなり大きいです。

表面的には、地味に見えるので、一見すると裏方業のように見える事が多いです。

しかし、実際には事業の根幹に携わる仕事です。

 

マーケティングによって、商品・サービスが、売れ続けるのかどうか、が決まります。

営業マンが気合いと根性で売り続けている、というわけではないのです。

もしも、気合いと根性で売り続けなければならない会社、であるとするなら、その会社には販売戦略がないことになります。

その会社経営者や店主は、「マーケティングなんて重要ではない」と考えます。

 

例えば「旨い料理を作っていれば、店は繁盛する」「良い商品を作っていれば、売れるはずだ」と考えているのだと思います。

その会社・店は、長くは持たないです。

美味い料理を出すだけの会社は、世の中に、たくさんあるからです。

その中で、残っていけるのは、マーケティング戦略を持っているお店(会社)だけです。

その位に、販売戦略は重要ですし、それを作るマーケティングの仕事は、重要な仕事で有り、魅力もある仕事です。

 

 

営業マーケティング戦略の立案手順|売れ続けるために

マーケティングという仕事の将来性|営業も製造もその一部

マーケティングの仕事は忙しい!今後更に拡大する仕事

タイトルとURLをコピーしました