消える職業・無くなる職業ランキング10!オックスフォード大論文

消える職業仕事
仕事
スポンサーリンク

オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が2014年秋に「未来の雇用」という論文を発表した。

この論文の副題は「いかに仕事はコンピュータ化されていくのか」。

どの仕事が何パーセントの確率で無くなるのかを示したものでした。

論文の結論では、10年後には47%の雇用者が仕事を失うとされています。

現実はどうでしょうか。

恐ろしいことに、着実にその方向に進んでいると感じます。

消える職業・なくなる職業は、確かにあると思います。

代わって、新しい職業が生まれてくる可能性もあると考えています。

その流れを日々感じている不動産会社社長が解説します。

スポンサーリンク

消える職業・なくなる職業|間違いなくその方向に進んでいる

消える職業 トップ10

インターネットとスマホの進化で、仕事上でも便利さが、日々加速している。

2020年には、5Gの普及が進む。

2021年には、5G環境が一般的になるのかも知れない。

仕事環境の変化によって、消える職業・なくなる職業は、いよいよ現実的になって来ている。

2020年のコロナ禍の影響で、一気に着実に進行しつつある。

消える職業|インターネットの普及と進化、それにスマホが加わり、加速度的に、仕事が変わってきている。

筆者のように、携帯電話の前世代の人たちは、目の前でおきているリアルタイムで、世の中の変化を見てきた。

いつの時代にも、変化を嫌う人たちがいます。

「そんなに急に変わるはずがない」が、彼らの共通ワード。

しかし、仕事の仕方は、間違い無く劇的に変化したし、今更に加速していると感じます。

ビジネスの前線にいる営業は、顧客宅へのダイレクト訪問が普通だった。

固定電話の時代は、営業は先ず訪問していた。

営業の仕事は、訪問することから始まっていた。

しかし、今は、事前にアポが取れた人のところにしか、訪問しない。

その連絡は、LINEやメールだ。

「他社との競合」という言葉の意味も、ネット環境の進化と共に、大きく拡大してしまった。

大企業はより大きくエリアを広げ、中小企業は、自動的にニッチ戦略へと移行しました。

いや、それすらも2019年の現時点で、電話とメール営業の代行が非常に増えている。

もはや、営業という職業は、訪問アポを取ることさえしなくなる方向だ。

それは人間とAI電話代行へ、外注するのが、一般的になりつつある。

営業という職業の仕事は少なくなり、その職業に働く人は、居場所が減っている。

しかし、現実は営業に限らず、様々な職種の人たちが仕事のやり方に、変化を感じています。

そして、様々な職業が消えていくスピードが加速しています。

タイトルとURLをコピーしました