消える職業トップ10!確かに変化は進んでる|これから生まれる仕事は

消える職業仕事
仕事

オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が2014年秋に「未来の雇用」という論文を発表した。

この論文の副題は「いかに仕事はコンピュータ化されていくのか」。

どの仕事が何パーセントの確率で無くなるのかを示したものでした。

論文の結論では、10年後には47%の雇用者が仕事を失うとされています。

現実はどうでしょうか。

 

恐ろしいことに、着実にその方向に進んでいると感じます。

消える職業・なくなる職業は、確かにあると思います。

代わって、新しい職業が生まれてくる可能性もあると考えています。

その流れを日々感じている不動産会社社長が解説します。

 

 

スポンサーリンク

消える職業・なくなる職業|間違いなくその方向に進んでいる

消える職業 トップ10

インターネットとスマホの進化で、仕事上でも便利さが、日々加速している。

2020年には、5Gの普及が進む。

2021年には、5G環境が一般的になるのかも知れない。

仕事環境の変化によって、消える職業・なくなる職業は、いよいよ現実的になって来ている。

2020年のコロナ禍の影響で、一気に着実に進行しつつある。

 

消える職業|インターネットの普及と進化、それにスマホが加わり、加速度的に、仕事が変わってきている。

筆者のように、携帯電話の前世代の人たちは、目の前でおきているリアルタイムで、世の中の変化を見てきた。

いつの時代にも、変化を嫌う人たちがいます。

「そんなに急に変わるはずがない」が、彼らの共通ワード。

しかし、仕事の仕方は、間違い無く劇的に変化したし、今更に加速していると感じます。

 

ビジネスの前線にいる営業は、顧客宅へのダイレクト訪問が普通だった。

固定電話の時代は、営業は先ず訪問していた。

営業の仕事は、訪問することから始まっていた。

 

しかし、今は、事前にアポが取れた人のところにしか、訪問しない。

その連絡は、LINEやメールだ。

「他社との競合」という言葉の意味も、ネット環境の進化と共に、大きく拡大してしまった。

大企業はより大きくエリアを広げ、中小企業は、自動的にニッチ戦略へと移行しました。

 

いや、それすらも2019年の現時点で、電話とメール営業の代行が非常に増えている。

もはや、営業という職業は、訪問アポを取ることさえしなくなる方向だ。

それは人間とAI電話代行へ、外注するのが、一般的になりつつある。

営業という職業の仕事は少なくなり、その職業に働く人は、居場所が減っている。

 

しかし、現実は営業に限らず、様々な職種の人たちが仕事のやり方に、変化を感じています。

そして、様々な職業が消えていくスピードが加速しています。

 

 

消える職業トップ10|マイケル・オズボーンの論文の中で明示されている

論文の中では、2024年までに、99%の確率で、消える職業と書かれているのは、次の12の仕事です。

(一部アメリカ独特の仕事が含まれています)

1)テレマーケター(電話を使った販売活動)

2)不動産の権限検査員、調査員

3)手縫いの裁縫士

4)数理技術者

5)保険事務員

6)時計修理工

7)貨物運送業者

8)税務申告書類作成者

9)写真処理技術者

10)口座開設担当者

11)図書館技術員

12)データ入力係

等々

 

業務内容がシンプルで、繰り返しが多い職業は、消える職業とされている。

この後には、なくなる確率98%としるされている職業が、この他に、22ある。

マイケル・オズボーン准教授はアメリカの702の職業し、47%の人が職を失うと書いている。

 

この論文を読み進めると、准教授が示した内容では、最終的に330の職業がなくなることになります。

消える職業ということです。

 

 

スポンサーリンク

消える職業・なくなる職業|すでになくなりつつある

消える職業 トップ10

 

あなたの会社には、経理事務・一般事務という事務員という職業の人は、未だいますか?

筆者の会社には、既に存在していない。消える職業だったのです。

 

一般事務職・中間管理職も消える職業

もはや、経理事務や一般事務を募集する会社は、ありません。

更に、新型コロナの流行で分かったことは、もはや会社に行って仕事をするという必要すら、なくなることが分かりました。

テレワークで仕事が円滑に進むことが、判明しました。

会社という箱の存在も必要なくなります。

 

企業は、会社を置いて、仕事に来てくれる社員のための仕事環境を整えるという経費が、必要ないことが分かったのです。

企業は、事務所という固定費が、無くなったり、圧縮できたりすることで、大きなメリットを得ます。

 

また、テレワークに、異議を唱えているのは、もはや古い時代となった10数年前に、生きてきた現在の管理職の人たちだけです。

彼らは、仕事を円滑にするには、社内の人間関係が不可欠だから、会社に出勤する事が必要としています。

しかし、それは自分の上司として存在を確保するための、恐怖からくる言葉です。

つまりテレワーク時代は、管理職としての能力がなく管理者になってしまった人たちには、危機的状況なのです。

中間管理職もまた、消える職業の一つなのです。

 

職種によってはフリーランス化・外注・AI化へと変わる

職業によっては、ダイレクトにAI化に進んでいるものもあれば、フリーランスに外注化が進んで行き、なくなる職業となってしまう。

 

例えば、税理士という士業は、これまでは資格持っていることで、職業として成立していました。

もはや「フリー会計」や「マネーフォワード」というオンラインアプリが、税理士の代わりを勤め始めています。

社内に経理事務の社員を置く必要もなければ、外部の税理士に依頼する必要も無くなりつつある。

社長は、伝票や領収書の整理は、スキャナーでスキャンするだけで良いのです。

AI化によって、税理に関する仕事は、消える職業となりつつあります。

企業にとっては、経費カットが可能となります。

 

すし職人も飲食店などの接客スタッフも消える職業

回らない寿司店の職人は、味と接客で生き残る世界へと進んでいきます。

 

一方で、回転寿司店では、すでにタブレットで注文をする方式になっている。

ランチで繁盛する大戸屋でも、タブレットで注文する方式です。

すでに、接客スタッフは、顧客を席に案内した後は、料理を運ぶだけの役割へと変化しています。

 

UNIQLOを始めとして、買い物の会計をする場面では、セルフ会計化が進んでいます。

もはや、スタッフの仕事は不要です。

少人数のスタッフが、トラブルが発生したときの対応をするだけに変化しています。

そこに働く人に、消える職業を感じているのは、筆者だけではないと思う。

世の中から、確実に今までの働く場所は減少している。

消える職業・なくなる職業は、間違いなく進んでいる。

 

 

スポンサーリンク

消える職業トップ10|実は現場は実感していない

現場で働く人たちには、異様に感じるくらい、このような環境の変化が、自分たちの身に差し迫っていることに危機感を持っていません。

これは、人が基本に持っている「変化を嫌う」という資質のせいです。

しかし、自分が利用者となる立場の時には、便利さ・AI化の恩恵を、ありがたく利用しています。

 

ですので、実感を感じようと感じまいと、自分の仕事が、明日にはなくなるかも知れない事は、考えておくべきなのです。

消える職業・無くなる職業への変化は、静かにどんどん進んでいるが、さすがに電源のオン・オフのようには切り替わらない。

その意味では、当記事を最初に執筆したとき(2019年)には、2019年〜2024年は、徐々に、従来の職業が消える職業へと変化をしていく過渡期なのだと、考えていましたが、新型コロナの影響で、一気に短縮された感があります。

 

アフターコロナには、消える職業は、一気に過渡期の期間が短縮され、現実化する事になります。

対策を講じておく必要があります。

 

スポンサーリンク

生まれる職業

アフターコロナでは、カバンを持って会社に行って、仕事をするというスタイルは、明らかに縮小します。

会社員として漫然と生きてきた社員や中間管理職は、会社に対する貢献の度合いが、明確にあぶり出され、存在することが出来なくなるでしょう。

ただ、ネット環境やAI化など、仕事の環境が変わる中で、生まれる職業もあります。

YouTubeの知名度が高まる中で、YouTuberたちが、一つの職業として成立してきたように、eゲーマーや彼らの環境を整えたり、教育する仕事が、生まれるかも知れません。

また、生まれる職業は、自分で職業を作るという発想も必要になります。

プラットフォームを作るか、プラットフォームの中で収益を上げる道を探すか、という道もあります。

営業が得意なのであれば、営業代行(もはや後発の可能性がある)の仕事を立ち上げるのも、アリです。

企業は、売上を上げるには、社員として雇用する必要があるという、考えは無くなりつつありますから。

自ら、職業を作るという道が、今後の働き方を作る方法となります。

 

 

未来の不動産仲介業はどう変化する。人の働く場はあるのか。

不動産の仕事は外注化・フリーランス化していく|正社員雇用は減少

管理職になりたくない人の割合が増えてる

テレワークはフリーランスという仕事の始まり!会社に所属しない働き方に!

不動産営業こそフリーランス・フルコミに向いてる

営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する

タイトルとURLをコピーしました