テレワークはフリーランスという仕事の始まり!会社に所属しない働き方に!

テレワークはフリーランスの始まり仕事
仕事

2020年のコロナウイルスをキッカケに、働き方が変わっていく。

すでに、AI化・IoTは、様々な業界に浸透し始めている。

外注化も進んでいる。

すでに、事務職の求人募集を出す会社は無くなっています。

 

しかし、2020年のコロナウイルスによって、自宅待機が予備される中で、多くの会社がリモートワークをすすめています。

社員は会社に出社せずに、仕事が完了していくことを、実感している。

会社もまた、社員が会社に出社してこなくとも、仕事が進むことを実感しました。

更にいえば、テレワークで働いてくれる人間は、必ずしも会社内の人間でなくとも良いことに気づきました。

 

 

スポンサーリンク

テレワークはフリーランスという仕事の始まり

 

会議はオンラインで十分に、問題無く進むようになりました。

会社で行う会議が、以下に時間をロスしていたのかについても、明らかになってきています。

 

それ以外の業務も、ほとんどの業務がオンラインで行われています。

会社は、社員を雇用するリスクに気づき、会社という場所を維持するための経費が実は、必ずしも必要では無いことにも気づきました。

 

今後の働き方が、明らかに変化していくことは、誰の目にも明らかになりました。

様々な業務を外注で受ける代行会社も増えてきています。

 

フリーランスのが仕事がないという時代は終わった

フリーランスという働きは、知ってのとおり、場所や時間にとらわれないで働くスタイルです。

会社にも所属せずに、自分の都合で働くことが出来る。

 

しかし、以前であれば、フリーランスという働き方は、仕事があったりなかったりと不安定さが、ネックでありました。

それは、会社が、仕事の中心は会社の中で行うものという幻想があったからです。

それは、働く側にもありました。

 

しかし、テレワークで、仕事が完了できることが、判明した以上、会社は社員を雇用するというリスクを取らなくても、仕事が出来ることが分かってきました。

 

多くの会社が、仕事を外注できる相手を探し始めています。

フリーランスは、仕事がないという不安定な時代は、もはや過去のモノです。

自分の能力と時間を使って、仕事をしてもらえる働き手を探しているのですから。

 

 

フリーランスの仕事の探し方・仕事のとり方

すでに、ネットの広告には、「営業のパート募集広告」などがなされています。

もちろん、営業の仕事だけではなく、ほとんどの業務が、今後は発注されていくでしょう。

 

現時点で、仕事探しの中心となるのは、クラウドワークスやランサーズでしょう。

すでに、クラウドワークスやランサーズには、多くの求人募集と求職募集が掲載されています。

 

これまでは、仕事を依頼を取るために営業することも必要でした。

しかし、自分自身の能力と実績をきちんとプレゼンが出来れば、クラウドワークス・ランサーズにおいても、きちんとした仕事の報酬を得ることが出来ます。

 

フリーランスの仕事場所

フリーランスの仕事場所は、基本的に、自宅がオフィスになります。

人によっては、コワーキングスペースを利用する人もいるかも知れません。

 

すでに、契約書関係もオンラインでなされるように、なっています。

成果物の納品も、オンラインや宅配で可能です。

会社へ出向く必然性も少なくなっています。

 

 

フラーランスは辛い?

フリーランスは、生産性のない通勤時間や、ストレスのたまる人間関係もありません。

ただし、会社に所属しないということは、あらゆる点で自己責任の要素が増えます。

仕事をするのかどうかも含め、保険等も、自己負担であり、自己責任になります。

 

制約や義務がなくなる分、楽になりますが、自己責任は辛いという方もいるのかも知れません。

少なくても、これまでのフリーランスの仕事の幅は限定的だっただために、仕事を取りに行く必要もありました。

仕事がなくなるということもあったのかも知れません。

しかし、今後は、世の中が、テレワークの方向性にあります。

会社はすでにその事に気づいています。

 

 

スポンサーリンク

不動産の仕事は外注化+フリーランス化していく

AI化

2020年以降の不動産業界もまた、フリーランスの方向へ向かっています。

すでに、社内に事務職員のいない会社も多く存在しています。

 

中古不動産の売買を例にしますと、売主から売却依頼を受けて、不動産サイトに物件情報を掲載する事まで、すでに社外で行うことが可能です。

不動産物件の間取図を書くには、建築士が社内にいなくとも、問題はありません。

イラストレーターを操るノウハウのある社員が、いなくとも、専門業者にメールで発注すると、3日目には完成品(間取図面)が、オンラインで納品されます。

 

不動産サイトで、物件情報を発見してくれた顧客が、メールで問合せをしてくれます。

メールを受けるだけです。

あるいは、電話の問合せには、電話の代行会社が代わりに受けてくれます。

 

物件の見学をしたいと希望があれば、営業代行の人が代わりに、案内をしてくれます。

現時点で、すでにこのような状況にあるのです。

社内に正社員を雇用する必要性がドンドン減少しているのです。

 

 

スポンサーリンク

不動産仲介営業はフリーランスに向かっている

不動産仲介業はフリーランスへ

もはや、営業代行の会社も増えています。

求人募集には、パートの営業募集広告が、告知されています。

 

では報酬面ではどうなんでしょうか。

これは、まさにやる気と能力次第によって、一般的な会社員とは比較にならないモノになっています。

 

テレワークによって、働く社員と、実は仕事をしていなかった社員の差が明らかになりました。

会社は、今後明確な差を持たせた評価制度に変わるでしょう。

きちんとした仕事をしてこなかった人は、働く場がなくなるかも知れません。

 

報酬については、営業だけではなく、事務系の仕事についても、能力とやる気次第で、上限がなくなるでしょう。

サラリーマン時代の2倍の収入になる人も出てくるでしょう。

逆に、仕事をしなければ、収入を得られなくなる要になるでしょう。

 

今後は、会社に所属して働く時代ではなくなります。

まさに「個」の時代です。

 

 

スポンサーリンク

営業はフリーランスという働き方が主流になる

営業 フリーランス

世の中が、その方向に向かっているのです。

営業は、完全に、社外に発注する仕事の仕方に変わっていきます。

 

会社は、個人と業務提携契約を結んで、業務を請け負うようになります。

営業の場合は、更に成功報酬という考え方が、加わります。

会社員としての営業は、はっきりいって仕事をしない営業もいます。

 

そういう人材の働く場は消失していくでしょう。

逆に、会社員としての会社貢献という名前で、制限されていた上限がなくなります。

ルールに則って、成果を上げられる営業は、会社員の立場でいるよりもはるかに多い収入を得られるように、なる可能性があります。

 

会社側も、これまでは雇用という社会貢献をしてきましたが、コロナウイルスをキッカケに、テレワークにより、社員の個人格差が明確になった事で、多くの社員を雇用するというリスクを取らなくなります。

 

もはや、目前に迫っています。

準備をしておく必要があります。

 

不動産の仕事は外注化・フリーランス化していく|正社員雇用は減少

営業はフリーランスという働き方が主流になる

未来の不動産仲介業はどう変化する。人の働く場はあるのか。

消える職業トップ10!確かに変化は進んでる|これから生まれる仕事は

管理職になりたくない人の割合が増えてる

タイトルとURLをコピーしました