営業のスキルアップ!身につかないのは質問力と行動力

スポンサーリンク
営業のスキルアップ営業力・ツール
営業力・ツール

営業がライバルと圧倒的な差を生み出すには、質問力と行動力のスキルアップに秘訣がある。

逆に言えば、質問力がない営業は、クロージングが出来ない。

つまり、契約が生まれない。

 

行動力が無ければ、営業の見込を作り続けていけない。

つまり、見込不足が続き、高い実績をキープすることは出来ない。

この2つの課題をクリアする営業は、どんどんスキルアップしていける。

 

質問力と行動力を高めることで、営業がスキルアップするのです。

筆者の営業経験40年から解説します。

 

 

営業のスキルアップ|身につかないのは質問力と行動力

営業 スキルアップ

 

営業のスキルアップとは、営業としての能力・技術力を高めることです。

 

営業スキルが身につかないと言っている人に必要なのは

営業スキルが身につかないといってる人は、「質問力と行動力」を、毎日の業務の中で強く意識することです。

「質問力と行動力」が身につけば、営業成績に変化が生まれてきます。

営業スキルとは、魔法のテクニックではありません。

ある日、突然会得するものでもありません。

営業スキルが身につかないと言ってる人たちに共通することは、努力をしていないことです。

営業をスキルを身につけ、さらにスキルアップするために、必要なことは何か。

それは、愚直に行動を繰り返して、失敗することの中からしか身につきません。

営業スキルを身につける努力をするとは、そういうことです。

 

営業のスキルアップ|質問力とは何か

質問力とは、顧客との商談場面で、顧客に質問を投げかけて、喋らせる力です。

喋らせると言えば、多少傲慢な表現ですが、つまりは顧客が喋りたくなる質問をするということです。

特に、アプローチ場面とクロージング場面で、質問力が必要になります。

 

住宅営業・リフォーム営業・保険営業・広告代理店営業・不動産営業・メーカー営業、など。

世の中の数えきれない営業職の人に、必要不可欠な営業スキルが、質問力です。

できれば、質問をしていると気づかれない程度に、顧客との会話の中に埋め込んでいきます。

 

営業マンは、質問力を使うことで、顧客のニーズや決断ネックをあぶり出していくことができます。

顧客は、そもそも御社の商品・サービスに関心があるからこそ、問い合わせや来店をしたのです

しかし、決断するのには、不安があったり、自分のニーズと合致しているかどうかが、分からないので、購入契約の決断をしなかったのです。

営業マンの仕事は、顧客が決断をする事の不安を払拭し、一歩踏み出すサポートをする仕事です。

質問力を使っていくことで、あぶり出したニーズやネックを一つずつ解決していくのです。

 

 

顧客の不安は不明瞭な形をしてる

顧客本人が、その不安を明確にしきれていない場合もあります。

その場合、顧客は、明確な言葉として、表現してくれない時があります。

それを質問力という営業スキルを使って、明確にして、顧客気づかせるサポートをします。

決断するリスクとしないリスクを、質問力で、顧客に自覚してもらいます。

そして、その不安が本当なのかを、考えさせるのです。

 

質問力というスキルであぶり出す

アプローチ場面では、質問により、顧客が感じている不安・リスクをあぶり出していきます。

クロージングの場面では、顧客が自分の意志で決断出来るように、その不安とリスクが与える影響を具体化します。

それらのことは、顧客の考えを引き出すために、小さな質問(質問に聞こえない会話として)を重ねて行く中で、進んでいきます。

この質問力を高めることが、営業のスキルアップになります。

 

質問力スキルを使って、顧客に自分の意志で決断させる

顧客は、自分の意志で、決断出来るというステップを進んでいけます。

営業的な誘導トークによって、説得的な商談を進めた場合に、クールダウンした顧客から、契約キャンセルを告げられることがあります。

 

しかし、不安とリスクを具体化し、払拭できた末に、顧客が自分の意志で決定した契約が、キャンセルになる確率は、ものすごく低いです。

顧客との会話を良くヒアリングし、、顧客の課題を発見して、顧客に気づかせる必要があります。

 

 

質問力をスキルアップさせるには、気づかせ力+ヒアリング力

この質問力を使うために、営業は顧客の問題発見をサポートする「気づかせ力」と「ヒアリング力」も使っていきます。

この2つの営業スキルから得た顧客情報から、営業は質問を繰り出していくのです。

この流れによって、営業はスキルアップしていきます。

 

顧客の話をじっくりとよく聞いて下さい。

ヒアリング力をスキルアップさせて下さい。

ヒアリングで得た顧客情報を使って、個客に対して、何が課題なのか気づかせて下さい。

気づかせる力がスキルアップするように、意識を持ってヒアリングして下さい。

 

営業のスキルアップ|行動力

営業の行動力といえば、活動をするというイメージになります。

しかし、筆者が話している行動力とは、即動力と継続力という意味を持っています。

 

どういう行動をすれば良いのか分からないという、営業は新人以外には、いないはずです。

営業が実績を積み上げ、継続して行くのには、顧客との面談が必要であることは、どんな営業もよく知っているはずです。

電話連絡を取ること、メールでフォローすること、ハガキなどのツールも使うこと、営業手法は実は古典的です。

ですから、やるべきことは、普通のことであり、当たり前のことです。

即動力を高めること、継続力を高めることで、行動力がスキルアップされます。

 

そして質問力のスキルアップと両立していたときに、あなた営業成績は、ライバルと圧倒的な差を持つようになります。

 

 

即動力というスキル

即動力とは、読んで字のごとしです。

すぐに行動開始することです。

 

人間には、即動力に反する、「先延ばし」という現象があります。

何かしらの理由を付けて、先延ばしという悪癖があります。

先延ばしを辞めることです。

先延ばししてる間は、即動力がスキルアップすることはないからです。

今すぐに「やる」事を習慣づけて下さい。

それがスキルアップの一歩です。

 

 

継続力というスキル

やるべきことが分かっている。

だいたいの物事は、1度や2度の行動では、成果にならない。

継続して、育成されて、成果に結びつくことが多いです。

 

営業でいえば、面談・電話・メール・ハガキなどの営業手法を、ある方向性を持って継続した先に、成果が待っているが、そこまでたどり着く前に、辞めてしまいます。

 

折角考えた営業方針が、十分に行動されずに、途中放置されてしまう行動計画は、どれほどあるでしょう。

そこを突き破る即動力と継続力を高めることで、行動力が、スキルアップされるのです。

一つの行動計画を途中で放置する癖を辞めて下さい。

一つ一つの行動計画を、「やりきる」事です。

やりきることをしない限り、継続力はスキルアップしません。

 

 

まとめ

自分には、営業スキルが不足している。

営業のスキルアップをしようと、考えるところまでは良いのですが、具体的な行動に反映できない営業が非常に多いです。

身につかないと感じているスキルは、質問力と行動力です。

当記事を参考に、この2つのスキルが身につけば、あなたの営業成績は、間違いなくアップするはずです。

筆者の40年近い営業経験の中で、身についている営業マンは、ごく少数です。

身につけられれば、営業マンのステージがアップするのは、間違いないです。

 

 

関連記事一覧

  1. 営業力・ツール
  2. 営業力はツールとコツの掛け算から生まれる
  3. 営業スキルでスキルアップすべき重要なものは?
  4. 営業に必要なスキル|コミュニケーションとヒアリングと課題発見
  5. 営業トークのスクリプトは基本構成だけ作る|アイスブレイク重要
  6. 営業のトークマニュアルを使って成功率をあげよ!
  7. 営業はテストクロージングから契約を生み出す!
  8. 営業の雑談ができないと思う人!ネタは簡単!30年以上の経験から
  9. 営業のスキルアップ!身につかないのは質問力と行動力 *当記事
  10. 営業事務の仕事内容は意外にきつい!
タイトルとURLをコピーしました