営業を辞めたい?甘えと言われない理由がないと転職も厳しい

営業 辞めたい (2)営業
営業

営業辞めたいって、私も何度思ったことでしょう。

確かに、営業は売れてる時は楽しいけど、数字が落ち込むと気分も下がる。

営業成績が2ヶ月も低迷すると、この先「あの売れてた時の楽しい気分なんてもう2度とやってこないんじゃないか」などと思うことがあります。

その頃になると、営業を辞めたいと考え始めます。

 

上司も数字のことしか言わない。そういう傾向は確かに強い。

お客との商談で遅くなるときは、まだいいが、そうじゃないときでも、早く帰れる気がしない。もう辞めたい

思ってますよね。

 

 

スポンサーリンク

営業を辞めたい理由|売れないから?次は何するの?

営業 辞めたい 甘え

あなたが営業を辞めたい理由はなんでしょう。

営業の仕事をしていると、売れることも、売れないことも、あります。

売れてる時期には、次に場面で近づいている売れないこと(時期)が近づいていることに、気づきません。

売れてる人には、必ず、売れない時期を乗り越えて、それを繰り返し、売れるようになります。

 

売れない時期を経験していない、トップ営業はいません。

売れない営業は、売れる営業はずっと売れる人なのだと、勘違いしています。

実は、売れない人も売れる人も、その状況には大差はありません。

ただ、乗り越えたかどうかだけです。

 

仮に、営業の仕事がうまくいかない=売れないので、転職をすることを考えたとして、次の仕事には、何を選ぶのだと思いますか。

 

営業を辞めたい!でも結局は次も営業を選ぶ人が多い

転職 理由

実際には、営業を辞めて、次も営業の仕事を選ぶ人は、多いです。

他の職種に就くには、技術的知識経験や資格が必要だからです。

あるいは、給料のランクを落として、製造する職種や専門性の高くない事務系の仕事を選ぶことになります。

しかし、給料が下がることは問題は大きく、また営業の仕事に戻る人も少なくありません。

 

売れない営業でいることが、辛くて、辞めた後に、気持ちが落ち着き、自分に何ができるのかを考える時、何を考えるでしょう。

やりたい仕事があるのなら、その仕事を目指すでしょう。

辞めた後で、よく考えてみようという人もいるでしょう。

 

よくよく考えてみるのです。

それは、自分の個性と才能です。

才能とは、神がかり的に何かができるというイメージではなく、何かの仕事・業務を行うのは、他のことよりも苦労のイメージが少なくできることです。

自分が、やりやすいこと、できること、です。

 

自分がやりたいことを選ぶという考え方と、自分がやりやすいこと・できることを選ぶという考え方があります。

営業を辞めても、また営業の仕事を選ぶ人は、自分がやりやすいこと・できることの考えから、また営業を選ぶのだと思います。

 

営業を辞めたい女性や新卒。次の転職で甘えと思われないためにも

転職 理由

今、あなたがやるべきことは、営業を辞めたい理由を整理してみることです。

表面的にはこんな感じですか。

・人と話すのが嫌だから。辞めたい。

・接客が嫌いだから。辞めたい。

・営業成績が良くならないから。辞めたい。

・上司からのプレッシャーが強いから。辞めたい。

・残業多いから。辞めたい。

・休みが取れないから。辞めたい。

 

実は、筆者は40年の社会人生活を、営業だけをやり続けました。

性格からは、営業が向いてるタイプではありませんでした。

しかし、様々な紆余曲折の結果、営業を選びました。

売れない体験も散々しました。

上司から、同僚と比べられて、嫌味を言われた経験もあります。

営業を辞めたいと思ったこともありました。

しかし、数年後に地区でトップの実績を残す経験もしました。

営業のプロジェクトの責任者、管理者も努めました。

 

転職の面接では、前職を辞めた理由を、必ず聞かれます。

転職理由の説明が不十分だと、転職先の面接官は、「甘え」だと思われてしまう可能性があります。

 

 

営業を辞めたいと考える時、向いてるか向いてないかで考えるのはあまり意味がない

転職 理由

営業を辞めたいと考える人の多くは、売れないことから始まり、自分自身が営業に向いてる・営業に向いてない、と考えているように思います。

しかし、向いてるか向いてないかと考えることは、実はあまり役に立ちません。

 

不動産の営業や、車の営業、保険や証券の営業についても、皆同じです。

何かの縁があって、その業界の営業を選んだわけです。

営業が売れない経験をすると、皆、自分は向いていのかもしれないと考えます。

向いてるかどうかで考えるのは、意味がありません。

 

実際には、不動産・車(外車)・保険・証券の、どの業界でも言えることです。

トップクラスの営業マンの半分かそれ以上の人は、一般的には、営業に向いてないとされる人たちだからです。

向いてるか向いてないかは、外向的なのか内向的なのかで、決めつけられていると思います。

しかし、実際には、人見知りの営業トップの人はたくさん存在します。

 

 

スポンサーリンク

営業を辞めたいという感情だけが強まっている?

調べた

 

仕事を辞めたい人が転職先を、考えるとき、イメージが先行していて、実情を調べていないことが多い。

今度考えている業務についての知識は、きちんと調べているだろうか。

そもそも、なぜ営業を選んだのか、です。

 

営業の仕事は楽しそうと思いましたか?

営業の仕事は稼げて、年収も高いと思ってましたか?

そうそう簡単に売れると思ってましたか?

 

実際にやってみないと、その仕事の本質はわからないものです。

例えば、「数字のプレッシャーや人と話すのが嫌だから」と事務の仕事やプログラミングの仕事へ転職する人がいます。

 

 

営業だけが辛い仕事ではない|辛いと考える仕事はどれを選んでも辛い

転職 理由

嫌だなと思いながらでも1〜2年営業の仕事をしていた人が、事務の仕事やコンピュータプログラミングの仕事へ転向すると、事務の仕事に挫折します。

あんなに楽そうに見えた事務やコンピュータ関係の仕事が、営業とは違う辛さやキツさがあることを知るのです。

本当に楽な仕事があるとすれば、それは給料が安い仕事しかなくなります。

 

例えば、事務の仕事は確かに、営業のように、毎日数字に追われるプレッシャーは無くなります。

しかし、事務職には、一日中同じ事務所の中で、パソコンと向き合い、外部の人と話すこともなく、淡々と仕事をこなしていく辛さがあります。

そして、人事考課の時期になると、営業のように数字で評価されるのではなく、日頃の勤務態度やミスがなくスピードを求められる評価をされることにも馴染めなくなります。

 

営業は、数字の評価ですから、確かに辛いし、きついこともありますが、毎日外へ出て人に会って、様々な変化があります。

そして、成果が生まれるようになると、筆者のように辞めれなくなるのだと思います。

その結果、営業の世界に戻る人も少なくありません。

 

営業を辞めたいと、考え始め「辞めたい」という感情だけが高まり強くなってしまう人がいます。

感情から始まる思考というのは、後で必ず後悔するものです。

辞めたいという感情が先行して思考するのは、考えものです。

 

 

スポンサーリンク

営業を辞めたいときは30代でも40代でも

営業を辞めたいと考えるのは、新卒に限りません。

30代になっても、40代になっても、辞めたいと考えることは、あります。

何度も、あると思います。

今回、営業を辞めたい気持ち・場面を乗り越えても、またいずれそう考える時が来るかもしれません。

経験から、お伝えします。

 

営業を辞めたい、もう逃げ出したい、と思うことは、過去にも未来にもあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

筆者には、営業を辞めたいと思っている人を引き止めるつもりはありません。

自分でよく考えたことであれば、営業を辞めるもよし、やり直してみるもよし、です。

やり直してみるのは、同じ会社でなくとも良いわけです。

他の業種の営業もあると思います。

あるいは、今の仕事を、なぜ辞めたいと思ったのかを、よく整理し分析してみることです。

次の転職への退職理由を説明するときには、注意をしないと「甘え」にみられます。

ご注意を。

 

 

  1. 営業に向いてないから辞めたいと悩んでるなら読んでみて!
  2. 営業は向いてない苦手!知ってますか?トップ営業も同じ心理
  3. 人見知りが営業向いてないは間違い!実はとても営業の素質あり!
  4. 営業を辞めたいと考える前に!売れない辛い時|営業40年の経験から
  5. 仕事の失敗【へこむ】気持ちは分かる|しかし失敗は神様のギフト
  6. 売れない営業の特徴|売れる営業マンになれる解決策
  7. 営業に向いている人向いてない人|ホントはどっち?
タイトルとURLをコピーしました