営業に向いてないから辞めたいと悩んでるなら読んでみて!

営業に向いてない (1)営業

営業に向いてる人は、明るくて、話し好きな人が向いてると言われ続けてきました。

しかし、時代は変わりました。

今の時代では、そういう人が営業に向いているのかといわれれば、そうとも言えなくなってきました。

インターネットがある世界が「当たり前」になってから、営業マンに求められる資質も変化してきました。

 

自分は、「人と話すのが好きです」という人が、営業になろうと、営業の仕事に就職をし、挫折して辞める人が増えています。

ただの販売や接客であれば、そのキャラクターは、十分でしょう。

 

しかし営業では、それだけでは「契約」にまでたどり着けません。

営業40年の経験から、解説します。

 

 

スポンサーリンク

人見知りが営業向いてないは間違い!実はとても営業の素質あり!

人見知り

 

時代は変わりました。

昔の営業は、セールストークを並べて、強く押しつけるようなスタイルの営業でも通用しました。

今は、営業に向いてない、といわれてきたタイプの人の方が、営業に向いています。

もっといえば、「人見知り」「内気」のタイプの人の方が、営業成績を上げられるようになりました。

変わったのは、顧客です。

今の顧客は、ネットによって、情報は十分にあるのです。

それよりも、話をよく聞いて、何を選択すれば良いのかを、きちんとアドバイスをしてあげられるようなタイプの人が、契約を上げられるようになりました。

 

営業に求められるのは、明るくて話が上手い人ではなくなりました。

顧客の気持ちを察して、一緒に問題解決を考えられるタイプの人です。

 

 

スポンサーリンク

営業に向いてると言われた人|向いてないと言われた人|真実を伝えます

営業に向いてない

 

以前に、営業に向いてるといわれた人と向いてないといわれた人は、今は真逆になりました。

以前までは、営業に向いてるといわれた人が、向かない人になりつつあります。

逆に、営業に向いてないといわれた人の方が、営業に向いてる人に、変わりつつあります。

 

以前は、外向的な人の方が向いてると言われていました。

今は、むしろ内向的な人の方が、今の営業に必要な資質を持っていると考えられるようになりました。

 

今の営業に必要な資質とは、顧客の心の内を知る事ができる資質です。

それは、営業が話している状況では、分からない事です。

顧客が中心に話をして、営業はその様子を観察し、要所要所で、的確な質問を投げかけて、顧客が自分でも具体的になっていない、問題解決の糸口をみつける事です。

 

 

スポンサーリンク

営業は苦手!トップの人も同じ心理を持ってること、知ってる?

トップ営業

ご存知でしょうか。

実は、営業でトップの成績を収めているあの人が、実は、「営業が苦手」と考えていた人なんです。

キャリアの積み重ねにより、当初よりも、その気持ちに慣れが出てきていても、基本的な性格は、それ程変わるものではありません。

 

営業でトップの成績を収めている人でも、苦手意識や不安な意識を持ちながら、トップの成績を上げているとしたら、どう思いますか?

実はそういうことです。

トップ営業も、同じような気持ちを持っています。

 

むしろ、大きな声を上げて、営業の話、売上の話をしている外向的なタイプの人って、トップの人ではないのです。

営業トップの人は、比較的大人しくて、謙虚で地味なイメージの人が多いです。

 

 

スポンサーリンク

営業が売れない辛い時に辞めたいと考える前に|営業40年経験から

営業 向いてない

トップ営業も、不安や苦手という意識を持っている事を解説しました。

また、営業トップの人にも、よく売れる時もあるし、売れなくて悩んでる時があります。

 

それは、日々の仕事をこなす中で、正しいフォームがくずれてしまっているアスリートと同じです。

好調不調の波があります。

しかし、それは科学的に説明できるものです。

 

仕事量や忙しさの中で、仕事のやり方の何かがくずれてしまっているのです。

そして、うまくいっていない人/売れない営業は、過去の成功体験にこだわります。

そして、変化する事を嫌います。

 

しかし、考えてみれば分かるとおり、世の中の様々な事は、変化を続けています。

当然、顧客の考え方も変化を続けています。

営業も、変化をしていかないと、売れなくなります。

以前、成功したやり方は、いつまでも通用しません。

 

むしろ、うまくいっている時ほど、改善するくらいで良いのです。

改善をしないと、折角上昇してきたのに、目の前に下降するラインが、待ち受け手います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

営業に向いていないと悩んでる方に向けて解説してきました。

私自身も過去40年の中で、経験し、乗り越えてきた事から、解説しています。

心当たりがある事があり、ヒントになれば幸いと思います。

 

営業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
60BLOG
タイトルとURLをコピーしました