営業がうまくいかないのは何故か?

スポンサーリンク
営業 (1)営業
営業

営業がうまくいかないのには、理由・原因があります。

闇雲に、ひたすら頑張ることも、時には必要ですが、いくつかのコツやヒントを意識し、実践すれば、営業成績も変わっていきます。

営業40年の経験から営業40年の経験から解説します。

 

 

営業のあなたが売れないのは顧客心理を考えていないから

営業 心理学

営業がうまくいかない人に共通しているポイントがあります。

営業トークがうまく使えないなどの原因ではなりません。

大きな原因は、顧客の心理を考えていないことにあります。

考えている気になっていても、実際には、「顧客にとって、・・・・の方がいいはず」などというように、結局は自分の都合で考えているのです。

対面する時は、もちろんですが、電話やメールにおいてもそうです。

顧客の心理は、よく観察すること、変化を見逃さないこと、によってわかります。

小さな質問をして、その反応や仕草によって、顧客の心理状態が推測できます。

繰り返しですが、営業で失敗している多くの営業に共通しているのは、顧客の心理を自分の都合で考えていることです。

 

例えば、商品の比較をするときに、営業は安い方を選ぶものだと錯覚しています。

顧客が値段で選ぶのは、それ以外のポイントの違いが、自分にとって、どのくらいの差があるのかわからないのです。

ですので、一番わかりやすい価格がやすいものを選ぶのです。

安い方がいいとか、値引きをしないと買ってもらえないというのは、それ以外の部分の商品の差が、自分にとってどういう意味があるのかがわからないからです。

 

営業のコツは心理学にある

営業のコツは心理学

顧客心理が営業には重要であること、顧客をよく観察し、話を聞くことで、顧客の心理が想像できることは、前のページの本編で詳しく解説しています。

顧客心理を理解する方法は、もう一つあります。

顧客の状況に、自分の身を置いてなり切ってみることによって、意外に顧客心理はわかるものです。

なぜなら、日常生活の中で、どこかのお店へ行くとき、販売員や営業に接するとき、自分は顧客の立場にいるからです。

そのことを思い出し、もしもこの場面で、自分が顧客だったら、どう感じて、どう考えるだろうかと考えてみることです。

また、心理学の法則から考えてみるのもアリです。

  1. 返報性
  2. 希少性
  3. 権威
  4. コミットメント一貫性
  5. 好意
  6. 社会的証明

 

本編ページで詳しく解説していますので、ご参照ください。

 

 

営業が売れない原因の一つは顧客の声を聞いていないから

営業 売れない 顧客の声を聞いていないから

営業が売れない原因のもう一つについて解説します。

これは、よく喋るタイプの営業に、ありがちなことです。

一見、明るくよく喋る人は、営業向きだと思われがちです。

しかし、実際には、そのままのスタイルで、営業の仕事を始めると、なかなかうまくいかないことが多いです。

商談場面では、明るく、うまく話ができていて、商品説明もうまいのです。

しかし、うまくいかないのです。

原因は、顧客の声(話)を聞いていないことに原因があります。

商談が終わって、8割型、自分が話をしているような商談では、顧客の声はほぼ聞いていません。

よく喋る営業は、なぜ顧客が買ってくれないのか、決断してくれないのか、わからず悩みます。

自分が喋ってばかりでは、顧客の声など聞く時間はありません。

考えていることも理解はできません。

それは、ただの押し売りですね。

 

 

 

関連記事一覧

  1. 営業について
  2. 営業マンの成功|ツールやスキルだけじゃない!見た目要素が重要!
  3. 営業がうまくいかないのは何故か?(当記事)
  4. 営業を辞めたいのは甘え?成績悪いから?
  5. 営業を辞めたいと考える前に!売れない辛い時|営業40年の経験から
  6. 売れる営業マンの特徴|第一印象にこだわる共通点と習慣
  7. 売れる営業マンは見た目が大切|顧客への第一印象が営業成績に関係!
  8. 売れない営業の特徴|売れる営業マンになれる解決策
  9. 営業のコツは心理学にある
  10. 営業が売れない原因の一つ|顧客の声を聞いていないから
  11. 営業の仕事一日の流れ
  12. 営業の仕事内容は変化している|現役社長が解説する
タイトルとURLをコピーしました